ハロワは信用できない!転職エージェントを活用して身を守れ

アパレルの転職・体験談

別のページで「ハロワは地雷・民間のサービスで身を守れ!」と紹介しましたので、その続きを書きます。

民間の転職サービスを利用する際には、個人に担当エージェントが付くタイプをオススメします。
使ってみればわかりますが、一人で転職活動を行うよりも楽です。
今回はそんな、転職エージェントの目的についてのお話です。

求職者に対する転職エージェントの目標

求職者に対する転職エージェントの目標は明快です。
求職者をスムーズに、できる限り高い給料で転職させることにあります。

期間が短ければエージェントの稼ぎの時間単価が高くなりますし、高い給料で転職させれば企業から転職サービス会社へのコミッションが上がります。
つまり、自分たちがより効率的に稼ぐために求職者をサポートしてくれている訳なので、遠慮する必要はないです。
もちろん求職者の条件に沿わなければ転職が成立しないため、その他の条件も合わせるために無理のない範囲で動いてくれます。

転職後にまた辞めることになっても、転職サービスに問題がなければリピーターとして戻ることが多いです。
それも見越して、お互いの利益のために真摯に取り組んでくれます。

企業に対する転職エージェントの目標

求職者に対する考え方よりは、やや抽象的な条件の目標です。
企業が満足する求人条件を満たすことが目標です。
どうすれば満足するのかは企業ごとに変わりますが、優秀な人材を適切な価格のコミッションで紹介すれば問題はないでしょう。見極めが難しいですが。

実際のエージェントの動きは、企業が求める条件を満たす人を紹介し、その人に対して支払えるギリギリの給与額まで引き上げてくれます。
給与+コミッションが高すぎれば転職が成立しないため、スキル以外にもコストに関わる部分などを入念に打ち合わせたうえで見極めてくれます。

再度求人を出したくなった時に、以前にトラブルがなくコミッションの価格などにも問題なければ、リピーターとして求人案件を出してくれます。
常に新規を探すよりも、お互いに知った担当者同士の方がなにかと楽に進むからです。

つまり、求職者相手にしろ企業相手にしろ、信用と利益のバランスを重視して取り組んでくれます。

求職者のスパイになってくれる

求職者にとっての最大のメリットは、転職先企業の情報がスムーズに手に入ることです。

求人案件を出す際には、以下のような “欲しい人材の条件” を聞き出し、求職者にも部分的に開示してくれます。

  • 年齢や性別(開示しない代わりに紹介しない)
  • 経験やスキル
  • 条件ごとの給与の限度額(開示しないが匂わせる)

この他にも詳細に聞き出していますが、長くなるので割愛します。

一般に開示できない内容

性別で判断することは男女雇用機会均等法などの法律によって禁止されているために、一般に公開している求人には性別を制限する表記はしません。
また、年齢においても同様です。

どちらも条件によっては限定することができますが、不要な問題を起こさないように公表しないことがほとんどです。
ですが求職者側にしても、雇用するつもりもないのに面接に呼ばれる方がよっぽど迷惑です。

そのため求職者に開示されないにしても、雇用条件の求人背景を把握してくれているだけで無駄な時間が削減できます。

経験やスキル

技術レベルに関しては、やや細かな話になることが多いです。

紙面では “レディースパターン5年経験必須” などしか書かないことがほとんどですが、細かな条件を書かないからといって希望がないわけでもないです。
例えば「5年やっていれば基礎は教えなくてもいいだろう」という考えからの求人かもしれませんし、「サブチーフにしたいので、フルパターン任せられる人じゃないとダメ」という考えかもしれません。

紙面では同じ文言にまとまっていても、本当に求めている人材の条件は別のところにあることが多いです。
そのため求職者に見せる求人票の他に企業カルテが用意してあり、それの求人背景にもとづいて適した紹介をしてくれます。

給与

給与は三者の利益に直結するため、細かな適合条件まで打ち合わせます。

そのうえで求人条件への適合率が高そうであれば、給与の上限ギリギリまで交渉してくれます。
また条件が完全に一致していなくても、企業と求職者との相性やコストなどを見てうまくねじ込んでくれることもあります。

このように、企業の求人背景を把握しているスパイが味方に付いてくれると頼もしい限りです。

まとめ

転職を繰り返してる人は、今説明してきたことと同じような情報を知ることになります。
また職歴を重ねると求人案件を出す側にもなるので、よりウラ事情が透けて見えてきます。

ここで、このページをまとめます。

適切な転職は、自分・企業・エージェントの三者の共通目標です。
自分を守るためや転職条件をよくするために、遠慮せずに希望を伝えたうえで転職サービスを活用してください。

最後に重ね重ねひとこと。
ブラック企業につかまらないためにも、ハロワはやめとけ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました