2月8日・12月8日は【針供養の日】裁縫の上達を願い供養しよう!

2月8日は針供養の日です。
また、地域によっては12月8日が針供養の日のようです。
そこで今回は、針供養について少し詳しくまとめてみました。

【2月】アパレル&ファッションの記念日一覧
アパレル&ファッションの【2月の記念日】を一覧にしました。 別ページではジャンル別に並べているものもあります。

針供養とは?

使えなくなった裁縫針を豆腐などの柔らかいものに刺して神社やお寺で供養することで、裁縫の上達を祈る日です。

2月8日に針供養が行われることが一般的ですが、地域によっては12月8日に行います。
2月8日は “事始め” と呼ばれ、農作業が始まる日です。
12月8日は “事納め” と呼ばれ、農作業を終える日です。
この2つの日を事八日(ことようか)と呼び、針仕事を休むべき日とされていることから、地域によって差はありますがこの2つの日のどちらかに針供養を行います。
起源がとても古く詳細は不明ですが、9世紀後半には確実に風習としてあったようです。

地域によっては針歳暮と呼びお饅頭などを送ったり、また別の地域では針を刺した豆腐を縁の下に放り込んだり、土に埋めたり、川や海に流したりと、様々な供養の仕方があるようです。
ただし針が管理が届かない場所に行ってしまうのは不安が大きいため、神社で供養してもらうのが現代では適切です。

一般家庭でも針仕事が盛んだった時期に普及していた行事ですが、今では服飾関係以外にはあまりなじみのない行事になりました。

針供養はどこで行える?

針供養を行う場合は、淡島神という神様を祀った神社やお寺を訪ねてください。
淡島神は安産・裁縫の上達・人形供養など、女性に関するあらゆることに霊験のある神様とされています。
都内だと、以下のような場所で針供養を行っています。

上記の2つはどちらもお寺ですが、紀伊国(現在の和歌山県と三重県南部)加太から淡島明神をお迎えして淡島堂というものを建てて祀っているため、針供養を行っています。
この他にも針供養をおこなえる場所があるので、地元の神社やお寺を調べてみてください。

まとめ

一般的には2月8日、地方によっては12月8日に針供養を行います。
淡島神を祀る近くの神社やお寺で、道具への日頃の感謝をするとともに裁縫の上達を願ってみてください。
【2月】アパレル&ファッションの記念日一覧
アパレル&ファッションの【2月の記念日】を一覧にしました。 別ページではジャンル別に並べているものもあります。
タイトルとURLをコピーしました