【PDF無料型紙】シンプルなA4トートバッグの作り方を写真で紹介

マチ付きトート1の口

※ リライト前の記事のため、構成が違うことに関してはご容赦ください。

2020年7月1日より、レジ袋の有料化(経済産業省のページ)が始まりました。
そこで今回は「シンプルで簡単に縫える、マチ付きトート」の作り方を紹介します。

A4用紙に印刷して作れるPDFパターンデータを無償提供します。
シンプルな手順なので、お好みのトートバッグを作ってみましょう。

このパターンのポイント

マチ付きトート1の全体
「縫い物初心者でも簡単に縫え、シンプルで丈夫」であることを重視したパターンです。
そのため、芯地や裏地などを使用しない最小限のパーツ数にしています。
また、家庭用ミシンでは難しい、厚い生地の折伏せ縫いなどもないです。

使用感とのバランスも重視しており、A4より大きな手芸雑誌が入るサイズで、長財布を横にして入れられるポケットもあります。

ただし、マチはそこまで大きく取ってはいないので、食材の買い込み用には向いていません。
買い物袋としては、こちらの大容量バッグをオススメします。

【PDF無料型紙】折りたたみ大容量エコバッグの作り方を写真で紹介
A3トートバッグの【無料PDF型紙】【縫い方の説明】のページです。 買い込みに便利な大容量で、重量に耐える堅牢な作りを重視しています。

パターンデータ

使用上の注意点

パターンデータなどを無償で提供するにあたり、以下の点を守ってください。

  • 商用利用は禁止です。
    パターン・縫製工程表・製作物 などの販売は禁止です。
    また、有料の手芸教室などで使用することも禁止です。
  • パターンデータを再配布することは禁止です。
    リンクを貼る場合はPDFのリンクを貼らず、このページのリンクを貼ってください。

これらの事をご理解いただける方のみ、ダウンロードをしてください。

パターンデータをダウンロード

「マチ付きトートバッグ」のパターンをダウンロード

ご家庭のプリンターを使用することを前提としたパターンのため、通常のパターンデータと違い、分割して印刷されます。
そのため、複数のパーツの「のりしろ と のりつけ」を貼り合わせてパターンを作ってください。
分割数は、縫製工程表のパーツ名にかいてある四角形の数を見て確認してください。

準備する

パターンを用意する

ダウンロードしたPDFパターンデータを、A4サイズに印刷してください。
この時、縮尺を変えたり、紙のフチを落としたりするとパターンがうまく使用できなくなる恐れがあるため、やめてください。

印刷し終えたら、まず「縫製工程表」を確認してください。
マチ付きトート1の縫製工程表の部分抜粋
ここで、各パターンの分割数を確認します。
例えば、「持ち手・左」という名前のパーツを見てみると、四角形が3段重なっています。
これは、「3つに分割されて印刷しています」という意味のため、同じ名前のパーツを3つ見つけて、「のりしろ と のりつけ」の同じ記号同士を貼り合わせてください。

また、縫製工程表には「持ち手・左」「持ち手・右」という2種の名称がありますが、使用するパターンは一緒のため、
パーツ名称は「持ち手」
裁断数は「オモテ地×2」という様にパターンに書いています。

今回のデータの内訳は、以下の通りです。
1ページ・縫製工程表
2~4ページ・持ち手
5~10ページ・バッグ本体
11ページ・底板
12~14ページ・ポケット

底板とポケットは任意で使用するパーツのため、不要な人は「1-10」という様にページを指定して印刷してください。

裁断する

柄合わせ無しで裁断する場合、最小で幅90cm×長さ90cmの生地で作れます。
生地が厚く重なる部分があるため、厚手のデニム生地などは避けましょう。
パターンの地の目線は一方柄で書かれていますが、タテ地の目に対して平行または垂直であれば、さほど問題はないです。
生地に合わせて調整してください。

作る

ここからは、縫製工程表を見ながら手順を追ってください。

下準備をする

いきなり縫い始めると、立体的になってからアイロンをかける必要がでてきます。
裁断したての平面な状態で、アイロンで折り癖をつけましょう。

持ち手・左右
タテ半分に折り、アイロンをかけます。
マチ付きトート1の持ち手の下処理1
折った部分を開くと、中心線の目印がついています。
この中心線に対して、両端を突き合わせるように折ります。
マチ付きトート1の持ち手の下処理2
再度、タテ半分に折ると、3cm幅の帯状になります。
バッグ
バッグの口を3cmで2回折り返して、アイロンをかけます。
アイロンをかけたら、折った部分を開いておきます。
底板
バッグの底の形に合わせて、四方から折り込みます。
先に長辺を突き合わせて折り、後から短辺を折る様にすると、縫ったときに形が変わりにくくなります。
ポケット
バッグの口を3cmで2回折り返して、アイロンをかけます。
マチ付きトート1のポケットの下処理

各パーツを縫う

まずは、各パーツを完成させます。
中間アイロンをしなくても仕上がりに大きな影響はないため、省きます。

持ち手・左右
長辺の両端に0.5cmのステッチを縫います。
4つ折りが開いている片側だけでも良いですが、デザイン的には両端を縫った方がバランスが良いです。
これで、持ち手パーツの完成です。
マチ付きトート1の持ち手
バッグ
バッグの両端を1cmで縫います。
端を縫ったら、縫い代を片側に倒しながら、縫えるところまで0.5cmでステッチを縫います。
片端を縫う → 縫い代を後側に倒してステッチ → もう片端を縫う → 縫い代を後側に倒してステッチ
という順番で縫うと、初めに縫う片側のステッチが簡単にできるので、縫い物に自信がない人は片側ずつステッチまで縫ってください。マチ付きトート1のバッグの脇のステッチ
このバッグには6cmのマチを設定しています。
バッグの底の角に、底辺が6cm・高さが3cmの三角形を作り、その三角形の底辺部分を縫います。
マチ付きトート1のバッグの底面の三角縫い
縫い終わるとバッグに6cmのマチが確保され、立体的になります。
ポケット
ポケットの口を2.5cmのステッチで縫います。
マチ付きトート1のポケットの口のステッチ
ポケットの底と脇のマチを合わせて、L字型の縫い代を1cmで縫います。
この時、一気にL時に縫う必要はなく、2度に分けて縫って良いです。
マチ付きトート1のポケットのL字縫い2マチ付きトート1のポケットのL字縫い1
また、角までキッチリと縫う必要もなく、0.5cm程度開いてしまっても問題なく機能します。
ポケットの口のすぐ内側の縫い代を、ミシンで2目ずつ前後に縫いながら3往復くらいして閂止めをします。
マチ付きトート1のポケットのミシン閂
ここを縫い留めることで、縫い代の角の動きを防ぎ、縫い目の引き裂けを予防できます。
これでポケットパーツの完成です。
マチ付きトート1のポケット

バッグに底板を縫いつける

バッグの角の三角形の底辺の6cmの角と、底板の短辺の6cmの角を合わせて、底板を0.5cmでステッチしながら、2つを縫い合わせます。
マチ付きトート1の底板の縫い付け

マチ付きトート1の底板の縫い付け後
本来は、バッグの底面にたたきつけた方が丈夫ですが、簡単に縫えて強度を増せることから、今回はこの様に縫っています。

バッグに持ち手を仮止めする

はじめの工程で折り癖をつけていたバッグの口を1回折り直して、バッグと持ち手の切り口同士を合わせます。
マチ付きトート1の持ち手の配置
仮止めのために、バッグの口を折ったところから0.5cmのところで縫います。
マチ付きトート1の持ち手の仮止め

バッグを完成させる

片側にポケットを配置し、はじめの工程で折り癖をつけていたバッグの口をもう1回折り直します。
マチ付きトート1のポケットの配置
マチ付きトート1のバッグの口のステッチ前
持ち手とポケットを一緒に固定するために、バッグの口を2.5cmのステッチで縫います。
この時、持ち手はバッグの内側を向いています。
マチ付きトート1バッグの口のステッチ後・外

持ち手をバッグの口側に折り返して、2cmの四角と×で補強ステッチを縫います。
マチ付きトート1のバッグの口のステッチ後・内

マチ付きトート1の持ち手の補強ステッチ
この補強ステッチは生地が多く重なるため、硬くなります。
そのため縫いにくい場合は、バッグの口のステッチに合わせて往復してステッチを縫うなどして、可能な方法で縫い留めてください。

これで完成です。

まとめ

ミシンを出して、マスクを作るだけではもったいないので、トートバッグの作り方を紹介しました。
生地を選んで、自分の好みのトートバッグを作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました