【PDF無料型紙】水が飲めるくちばしマスクCの作り方を写真で紹介

パロットマスクCの製品と鳥の写真

※ リライト前の写真のため、注意矢印がないことをご容赦ください。

着用しながら水が飲める布マスク type-C・全7サイズ(SS~4L)のパターンを無料で提供します。
PDFデータをダウンロードしてA4用紙に印刷して使ってください。

このページでは、写真を交えた詳細な作り方を載せているのでご活用ください。

パターンをダウンロードする

パターンを使用するにあたり以下の点を守ってください。

データの転売は禁止です。
加工・未加工に関わらず、パターンや縫製工程表を販売しないでください。
パターンデータを再配布することは禁止です。
リンクを貼る場合はPDFを直接貼らず、このページにリンクさせてください。
製作物を公開したり販売する際には
【 “それでもアパレル” のフリーパターンを使用。 】という一文を載せてください。(任意)

上記のルールを守れる方のみ、ダウンロードをしてください。

このパターンの特徴は、着用しながら水が飲めることです。
マスクの内側を触らずに開閉でき、着脱回数が減らせます。

くちばしマスクシリーズの中で一番簡単なデザインです。

【PDF無料型紙】水が飲めるくちばしマスクAの作り方を写真で紹介
着用しながら水が飲めるマスクの【無料PDF型紙・SS~4L】【縫い方の説明】のページです。 鳥のくちばしに似せているため、子どもも進んで着用してくれます。
【PDF無料型紙】水が飲めるくちばしマスクBの作り方を写真で紹介
着用しながら水が飲めるマスクの【無料PDF型紙・SS~4L】【縫い方の説明】のページです。 鳥のくちばしに似せているため、子どもも進んで着用してくれます。

パターンを準備する

自分に合うマスクのサイズを確認

パロットマスクのサイズ確認用の組み上げ写真
今回使用するパターンは【S:子ども】【M:成人女性】【L:成人男性】を想定してサイズ展開しています。
ただし顔の骨格や付け心地の好みによってもサイズに差が出るため、これを目安にして以下の方法で確認してください。

例)女性がマスクのサイズを決める場合

  1. 自分をMサイズくらいと予想して、前後のサイズを含めたS・M・Lのマスクパーツのみを印刷します。
  2. パターンを切り抜きます。(ここでは縫代無しでもOK。)
  3. 上にある写真のように、テープなどでパターンを組み立てます。
  4. 顔に当てて付け心地を確認しつつ、ゴムの長さも確認します。
    例えば「ゆったりしているのが好みだがLサイズにすると喉元に当たるため、Mサイズにしてゴムを少し長めにとる」など、好みも含めて確認をしてください。

パターンと資材を用意する

パロットマスクCのパターンの写真
パターンを用意する
縫製工程表と、自分サイズのパターンを印刷してください。
パターンを印刷したら、外線に沿って切り抜いてください。

生地や糸を用意する
オモテ地は口元に触れるため、肌触りがよく目の詰まった生地が良いです。
生地と縫い糸の色を合わせておくとキレイに仕上がりやすいため、複数の色を使用する際は複数の色の糸を用意してください。
例)オモテ地にピンク色のブロード・糸にピンク色というように色相を合わせると粗が目立ちにくいです。

副資材を用意する
4~6コールの平ゴム、またはマスク用のふわふわゴムを用意してください。
片耳20cm前後必要なため、縫い代も含めるとマスク1枚あたり50cm程度必要です。

裁断する

パロットマスクCの裁断パーツの写真
“シナモン文鳥” のイメージにするために生地を変えています。
パターンに書いてある “生地の種類” を変える場合は、パターンに色や素材などを書き込んで注意して裁断してください。

縫製手順

ここからは縫製工程表に沿って説明していきます。

【ミシン】くちばしの先を縫う

くちばし 口側・外側
くちばし先端のカーブダーツを0.5cmで縫います。
パロットマスクCのパーツ作成の写真1-1

【アイロン】下準備をする

マスク鼻 口側
できあがった際に外周になる耳・鼻・耳の3辺の縫い代を1.1cmで折り、折り癖をつけます。
鼻にあたる部分のカーブはきついため、縫い代の半分辺りまで切り込みを入れると、折り返しやすいです。
パロットマスクCの下準備の写真2-1
マスク鼻 外側
上記と同じ手順で、
できあがった際に外周になる耳・鼻・耳の3辺の縫い代を1.0cmで折り、折り癖をつけます。
パロットマスクCの下準備の写真2-1
マスクあご 口側
できあがった際に外周になる耳~あごの1辺の縫い代を1.1cmで折り、折り癖をつけます。
パロットマスクCの下準備の写真2-2
マスクあご 外側
上記と同じ手順で、
できあがった際に外周になる耳~あごの1辺の縫い代を1.0cmで折り、折り癖をつけます。
パロットマスクCの下準備の写真2-2
くちばし 口側・外側
くちばしの先端のカーブダーツを割ります。
パロットマスクCのパーツ整形の写真2-5
※ type-A・Bではダーツの処理方法を片倒しにしていましたが、type-Cではつまんだ時の感触を重視して割りの指示にしています。
割りだとダーツ先が安定しない生地の場合は、片倒しに変更してもOKです。

【ミシン】マスクのゴムを仮止めする

マスクあご 外側
マスクあごパーツの外側の耳側の縫い代にだけ、ゴムの一端を仮止めします。
(もう一端はあとで別パーツに付きます。)
外側パーツにゴムを縫い付けることで、若干ですが密着率やほつれにくさが上がります。
ただし大きく変わるものではないので、間違って口側パーツに縫い付けてしまってもそのまま進めて問題ないです。
パロットマスクCのパーツ作成の写真3-1

【ミシン】パーツごとに縫い合わせる

マスクあご 口側 + 外側
マスクあごパーツの口側と外側を縫い合わせます。
パロットマスクCの本体あご側の縫い合わせの写真4-1
くちばし 口側 + 外側
くちばしの口側と外側を縫い合わせます。
パロットマスクCのくちばしの縫い合わせの写真4-2

【アイロン】オモテに返して整形する

マスクあご
縫い目を割り、オモテに返して整形します。
パロットマスクCの本体あご側の整形の写真5-1
くちばし
縫い目を割ります。
パロットマスクCのくちばしの整形の写真5-2
オモテに返して整形します。
パロットマスクCのくちばしの整形の写真5-3
くちばしの先を折り返して、折り癖をつけます。
パロットマスクCのくちばしの整形の写真5-4

【ミシン】パーツごとにステッチをかける

マスクあご
着用時した際のあご付近を除き、マスク本体の口の周りに辺る部分を、0.2cmと0.7cmのダブルステッチで縫います。
パロットマスクCの補強ステッチの写真6-1
くちばし
くちばしの周りに0.2cmのステッチをかけます。
パロットマスクCのくちばしのステッチの写真6-2
前の工程で折り癖をつけたくちばしの先を固定するために、0.2cmのステッチで縫います。
パロットマスクCのくちばしのステッチの写真6-3

【ミシン】すべてのパーツを縫い合わせる

マスク鼻 口側・外側 + マスクあご + くちばし
マスクあごパーツの上にくちばしを重ねたものを、マスク鼻パーツの口側と外側で挟んで縫います。
このとき、外側パーツの端に対して0.1cm控えるように口側パーツを配置します。

パロットマスクCの縫い合わせの写真7-1
マスク鼻パーツの耳側の縫い代にだけ、ゴムの残り一端を仮止めします。
すぐに縫い止めるためこの工程を省いても問題はないですが、ゴムの端が内部で暴れないようにするためにも仮止めすることをオススメします。
パロットマスクCの縫い合わせの写真7-2

【ミシン】マスクに附属をとりつける

くちばしの先とマスク本体のあご部分を留めるための附属を取り付けます。
今回は写真右側の “面ファスナー(マジックテープ)” を使用しますが、”スナップボタン” “前カン” などを使用しても良いです。
パロットマスクの附属の写真
“スナップボタン” を使用する際は type-Aの説明ページ を、
“前カン” を使用する際は type-Bの説明ページ をそれぞれ参考にしてください。
個人的なオススメは、スナップボタンです。

くちばしの口側にループ側を(面ファスナーのふわふわした方)、
マスクあごパーツの外側にフック側(面ファスナーのザラザラした方)をそれぞれ縫いつけます。
マスクあごパーツの口側に縫い糸が出ると肌当たりが悪いので、マスクあごパーツの外側にだけに縫い付けてください。
パロットマスクCの附属取り付けの写真8-1 パロットマスクCの附属取り付けの写真8-2
逆に縫い付けてしまうと着用時にフックが肌に当たりチクチクすることがありますが、特に気にならない方は逆に縫い付けてしまっても問題ないです。

くちばしの脇の隙間が気になる場合は、着用者の口角の水平位置に左右各1 対のスナップを補強すると良いです。
今回は簡素化するために割愛します。

【アイロン+ミシン】縫って仕上げる

マスク鼻パーツとくちばし側(マスクあご&くちばし)の縫い目を割り、オモテに返して整形します。
この際、すべての縫い代の端を折り込みます。
パロットマスクCの整形の写真9-1
マスク鼻パーツに0.2cmと0.7cmのダブルステッチをかけて、縫い代を抑えます。
パロットマスクCの補強ステッチの写真9-2
マスク鼻・あごの両パーツとも、外側パーツの折り端に対して0.1cm控えるように口側パーツを配置して、マスクの外周を0.2cmと0.7cmのダブルステッチで縫いふさぎます。
縫製順は、端から0.7cmのステッチで縫い止めた後に、0.2cmのステッチで縫いふさぐと簡単です。
パロットマスクCの完成写真9-3パロットマスクCの完成写真9-4

あとは、糸端を切ったら完成です。
使用前に一度洗うことをオススメします。

下の写真の様に嘴飾りをつまむことで、マスクの内面に触れずに開閉することができます。
パロットマスクCの完成写真9-5

まとめ

口元が開くギミックを付けることで、こまめな水分補給がしやすくなります。
マスクが嫌いな子供たちのために、かわいい鳥のマスクを作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました