アパレルの消えていく業種!パタンナーの就職が難しい理由とは?

アパレル業界で稼ぐ・働く

この先、パタンナーの求人は更に減ります。
ただでさえ少ないのですが、もっと減ります。
そこで今回は、なぜパタンナーの求人が消えるのかを説明します。
ちなみに、わたしの本業はパタンナーです。

なぜ消えるのか?

パターンは服作りになくてはならないものです。
着心地をよくしたりデザインを表現するためには、パターンのできが製品の良し悪しを決めます。
ではなぜ、その重要なパターンを加工するパタンナーが消えていくのでしょうか?

必要性と合理性が高いため、便利なツールやAIに取って代わられるからです。

今現在のアパレルでは、ほとんどのパターンはCADで管理されています。
昔は高かったソフトウェアも、今ではサブスクや従量課金で安価に使うことができます。
今はまだ2D-CADが主流ですが、VRやARが進むにつれて3D-CADが一気に普及し始めました。

でもまだこれは序の口です。

このまま進めば、服をまったく知らない人がパターンを作れるアプリケーションが広く普及します。
パタンナーにしかパターンが引けない時代は終わります。
指先ひとつで、パターンや仕様書の半自動作成・発注・工場投入が終了する時代になります。

なぜ今なのか?

これまでも3D-CADが普及していましたが、なぜ今なのでしょうか?
それは、アパレルの古い体制にあります。

現代のパタンナーは基本的に、テレワークでOKです。
ビデオチャットやメールで連絡を行い、必要な資材サンプルは郵送します。
都心にオフィスを構えて出勤させるよりも、圧倒的に低コストで済みます。

それにも関わらず、アパレル製造業は出勤させます。
昭和的タテ社会を引きずる企業が多く、苦労の連帯責任が大好きだからです。
そのため「誰かが快適に仕事をしているのは、他の人がかわいそうだからダメ」という謎理論で出勤させることが多いのです。

それを変えたのが、コロナの感染拡大によるテレワークの推奨です。
「安全に快適に仕事ができるのであれば、それに越したことはない」という、当たり前のことを全国的に再認識させられました。
このことにより大企業のテレワーク環境の整備が進み、請負事業者の多くもそれに応じています。

テレワークが進むことでPCへの抵抗感が少なくなり、3D-CADの導入へのハードルが下がります。
VRファッションショーやサスティナブルなサンプル作成が取り上げられることにより、一般のシステム会社の参入も考えられます。
ここまでくると “アパレル従事者に限らず誰でも服が作れるアプリケーション” の開発が急速に進みます。
パターンメーキングの技術やCADの進化を進めるアパレル企業よりも、ノンアパレル企業の方が顧客のニーズに対応した合理的な考えができます。

アパレル従事者の最新技術へのハードルが下がった今だからこそ、便利なツールが生まれて人に成り代わるのです。

パタンナーとして生き残るには?

では、パタンナーとして生き残るには、どの様なスキルが求められるでしょうか?

ジェネラリスト型パタンナー
幅広い管理統括ができるジェネラリストの需要はなくなりません。
既存の、生産・品質管理兼任パタンナーの更なる汎用型と思ってください。
MDやデザイナーと企画の話しができ、工場と資材や縫製に関する相談ができる。
すべての知識が完璧でなくともよいので、多くの人と渡りをつけることができる人材が求められます。
スペシャリスト型パタンナー
型紙作成だけに特化したパタンナーは、既に多く溢れているため需要は少ないです。
もしスペシャリストを目指すのであれば、人体工学とCADに関するスペシャリストを目指してくだい。
人体のバランスに詳しければ、システム構築要員に組み込まれることがあります。
CADに詳しければオペレータUIのチェックなどもできるため、事をスムーズに進めることができます。
既存の型紙作成特化型パタンナーではなく、最新技術対応型のパタンナーを目指しましょう。

この他にもありますが、パタンナー本来の業務から離れていくためここでは割愛します。

まとめ

パタンナーは狭き門のため、余程好きでもない限りは違う業種を目指すことをオススメします。
ただしパタンナーが絶滅する訳ではないため、目指す場合は汎用性の高い武器を手に入れておいてください。

これから先のパタンナーに求められるのは “明確な武器” です。
未来を予測して的確に行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました