ハンドクラフトは儲かるの?流行りに乗って失敗する前に

アパレル業界で稼ぐ・働く

これからアパレルのハンドクラフトで儲けようとしている人、見ていますか?
まず言っておきます。
アパレルのハンドクラフトで儲けるのは無理です!

って言われて納得したり あきらめたりした人は、まず無理です。
だって、自分でも無理だと思ってしまったのだから。

ここから先は、それでもアパレルで儲けるぞ!という人だけ読んでください。
アパレルの現場目線から少し厳しいことも言います。覚悟は良いですか?
それでもチャレンジャーが多く残ることを祈って書きます。

はじめに確認

あなたは稼ぎたいですか?儲けたいですか?
これによって、話は大きく変わってきます。

アパレルのハンドクラフトだけで生計を立てている人は、そう少なくないです。
でも、儲けたいなら話は別です。
「儲けたい」のがメインなら、絶対にアパレルではないです。マジで
「どこかで儲けて アパレルを楽しむ」という考え方の方が、よっぽど現実的です。

でも、どうしてもと言うなら止めません。
険しくても戦うと決めたのなら、そのやる気も一つの武器です。

あなたの強みは?

儲けるのであれば、攻めないと無理です。
そのとき、なにか強みはありますか?
誰にも負けない何かがないと、今からハンドクラフトで儲けるのは かなり厳しいです。

あなたは知っていますか?
アパレルには女性がとても多いことを。
そして、産休や育休によりリタイヤしたプロも結構います。それもかなりの人数です。
他にも、専門卒だけど作り手になれなかった人たちも多くいます。
もしも楽に儲かると分かったら、リタイヤしてたプロたちが一斉に攻め入ります。
そのとき、あなたの武器は何ですか?
竹ヤリ?それじゃ戦闘機は落とせないですよ。

あなたなりの武器が用意できないと、すでにレッドオーシャンな人気ジャンルでは埋もれてしまいます。
プロに食い尽くされる前に、自分のスタイルを確立するしか生き残る道はないです。

あなたの熱の入れどころは?

品質が完璧になってから売り始めたい人も多いと思いますが、いつ完璧になりますか?明日?

新しいアイディアは常に世に生まれてきます。
もしも自分のアイディアが誰かとかぶっていた場合、後追いはかなり不利です。

そこで質問です。

その商品は、手で作らないとダメですか?
工場に出せば簡単に良い製品になるとしても、ハンドクラフトにこだわりますか?
自分以外には作れないのなら仕方がないですが、プロの手を使えばクオリティが上がり、期間が短縮できます。

あなたが重視しているのは、アイディアで儲けることですか?
それとも自分の手で作ることですか?
また、そのハンドクラフトは今の仕事を辞めないとできないことですか?

熱の入れどころを間違えると、勝機も生活も逃すこともあるので注意してください。

まとめ

ハンドクラフト批評を書く気はなかったのですが、2020年になっても「キラキラ起業女子」の流れが死んでいないことを知り、書き始めていました。
いや、ビックリです。すべて滅んだと思ってたので。キラキラ起業女子

あまり長く書くのもアレなので、この辺りでまとめます。

稼ぎたいのか 儲けたいのか、アパレルじゃないとダメなのか。まずは考えてみてください。
それでもアパレルで儲けたいのなら、誰にも負けない武器を手に、今すぐ動いてください!
そして、プロを使うことも視野に入れてみてください。

はじめる前の第一段階は、このくらいで終わります。
何を言われてもやりたいことがあるのなら、すぐに始めてください。ダメならやめるのも自由です。

でも最後に言わせてください。
ハンドクラフトは楽には儲からない。間違えないで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました