パタンナーを目指すのは待った! これから目指す人に伝えたい事

アパレル業界で稼ぐ・働く

今からパタンナーを目指すことはリスキーです。
そこで今回は、今からパタンナーを目指すことのリスク を簡単に紹介します。

就職したいならパタンナーは不利

まず初めに知っておいて欲しいことは、これから先パタンナーという職業がなくなる可能性が高いという事です。

コロナ禍のパタンナー職の大量解雇を皮切りに、企業体制の変化によってパターン作成専門のパタンナーの就職枠が大きく減少しました。

転職サイト等では「優秀なパタンナーは引く手あまた」「型紙の需要はなくならないので安定した職業」などと良いように解釈していますが、そのまま信じてしまうのは危険です。
企業にとっての優秀とは安くて使い勝手のいいことですし、 需要が尽きないものには安価で便利なサービスが生まれるものです。

まずは賛否の両方の意見を取り入れ、自分で考えなおしてみてください。

アパレルの消えていく業種!パタンナーの就職が難しい理由とは?
この先、パタンナーの求人は更に減ります。 ただでさえ少ないのですが、もっと減ります。 そこで今回は、なぜパタンナーの求人が消えるのかを説明します。 ちなみに、わたしの本業はパタンナーです。 なぜ消えるのか? パターンは服作りになく...

専門職はつぶしがききにくい

パターンのスペシャリストになるということは、うまくいけば大成功しやすいですが失敗したときに転職しにくいです。

パタンナーが特別激務なわけではないですが、どんな仕事でもつらい事や大変な事が多くあり、辞めたいと思うこともあると思います。
そんなときに転職を考えたとしても、パタンナーのスキルは汎用性が低いため転職活動に役立ちません。
そのため仕事が少なくても薄給でも、アパレル以外の業界に転職することが難しいです。

もしパタンナーに特別なこだわりがないのであれば、視野を広げて別の仕事も検討してみてください。

まとめ

パタンナーは、近い将来になくなる可能性の高い職業です。
職業の選択は一生に関わるため、よく考えて選択してください。

わたしがそれでもアパレルパタンナーを続けている理由は、自己裁量で動ける立場にあり仕事自体を楽しめているからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました