ダメな上司を見極めろ!報連相を強要する上司は本来の目的を知らない

アパレル業界で稼ぐ・働く

社会人の一般常識とされている報連相ですが、これを部下に強要する上司はこの言葉の本来の意味を知らない可能性が高いです。
そこで今回は、適切な報連相(ほうれんそう)と確連報(かくれんぼう)について書きまとめます。

報連相(ほうれんそう)とは?

報連相とは、報告・連絡・相談 の頭文字を並べて覚えやすくした標語のようなものです。

報告は、途中経過や結果を報告することです。
連絡は、関係者へ要件を伝達することです。
相談は、問題が発生する前に意見をあおぐことです。

要は、「コミュニケーションをよくとりながら仕事をしましょう」ということです。
感情論で語らずに、他者の目をまじえて事象をまっすぐに捉えることが重要です。

ただしこれを知っているだけでは、仕事術としての本来の意味を成しません。

報連相の本来の目的とは?

「報連相をしろ!」と強要するのは、ダメな上司の典型です。
元々の提唱者の意図を理解しようとせず、知った言葉を使っているだけです。

では本来の報連相とは、どのようなものでしょうか?

報連相とは、どんなことでも報告・連絡・相談ができるような風通しの良い職場環境に整えることです。
そのため部下に行動を強要する言葉ではなく、上司が日常的に掲げる目標です。

トラブルになりそうなことを中間報告するのは気が重いものです。
ただし分かった段階ですぐに対処すれば、簡単に解決してしまうものが多いことも事実です。
そのため、すぐに連絡や相談ができる環境を整えておくことが重要なのです。

上司と部下の間にカベができていると、「報連相をしろ!」と強要しないと情報が入ってきません。
このカベをなくすための努力を、上司がおこたってはいけないというです。

確連報(かくれんぼう)とは?

確連報とは、確認・連絡・報告の頭文字を並べて覚えやすくした標語のようなものです。
報連相の現代版として新たに提唱されていた言葉で、あまり定着していません。

“相談” だったものを “確認” に変えた理由は、上司が確認すること自体が重要であるという意味もありますが、部下から上司に “自分で考えた方針を相談して確認してもらう” ことで、個々人が自発的に物事を考えるようになるという意味もあるようです。
要は、”確認してもらうための相談” ということです。

ただし、大きく変わった点がひとつあります。
それは、上司が行うべき環境整備ではなく、部下が行うべき行動に重点が置かれていることです。
これの言葉の遷移に対して「自発的に物事をおこなえる若者が減ったから生まれた言葉」だと言う年長者も多いと思いますが、「適切に物事を管理できる上司が減ったから生まれた言葉」という側面もあります。

どちらがより問題かというよりも、適切なコミュニケーションが不足していることが問題です。

まとめ

“報連相” や “確連報” はただの標語のようなものなので、その言葉自体は重要ではないです。
社会人として、みんなが適切な距離とコミュニケーションをとることが重要です。

言葉にとらわれて人間関係を悪くしてしまっては本末転倒です。
ダメな上司に出会ってしまった場合は、あなた自身が大人な対応をしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました