パタンナーになるには何が必要? だれでもパタンナーになれる方法

アパレル業界で稼ぐ・働く

パタンナーになるには何が必要か? と聞かれることがよくあります。
そこで今回は、アパレルパタンナーになるために必要なこと を紹介します。

パタンナーになるには?

極論を言えば、
パタンナーになるために必要なものは決意だけです。

国家資格が必須な訳でもないですし、すぐに独立開業することができます。
そのため、洋裁を習ったことがある程度の40代・50代の人が副業として始めることも少なくないです。

ではなぜ、みんな専門学校に行くのでしょうか?
それは、パタンナーに必要な事が分からず自信がないからです。
逆に言えば、仕事をこなせるのであれば必ずしも専門学校に行く必要はないのです。

パタンナーとして仕事をするには?

パタンナーとして仕事をするために最低限必要なものは意外と少ないです。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • CAD
  • Gmailアカウント

これらがあれば仕事ができます。
プリンタがあると便利ですが、手元になくてもコンビニを利用すればOKです。

「ボディや針、ミシンなどが必要なんじゃないか?」と聞かれそうですが、なくても仕事はできます。
もちろん使いこなせればよい仕事に繋がりますが、使えないのであれば持っていないのと一緒です。

また、どんなにクオリティを上げようとも、目標をクリアしていれば報酬額に大きな差はないです。
そのため、手元にはパソコンひとつあれば良いです。

まとめ

パタンナーになると宣言すれば、だれでも100%の確率でパタンナーになれます。
そのうえでパソコンを買い、CADの作業環境を整えてください。

就職から独立したり、フリーランスから始めたり、パタンナーのなり方は様々です。
専門学校に行かなくてはならないという既成概念を捨て、自分がどうしたいのかを考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました