その進路は夢に繋がっている? アパレルの夢は専門学校以外でも叶う

アパレル業界で稼ぐ・働く

アパレルに夢をいだいているけれど進路に迷っている人も多いと思います。
また、お子さんがアパレルに進みたいと言って悩んでいる保護者も多いと思います。
そこで今回は、夢を叶えるための進路選択 について紹介します。

アパレルは斜陽産業

大昔は、衣食住に関わる仕事に就いていれば喰いっぱぐれないといわれていました。
ただ、いつからかアパレルは斜陽産業だといわれるようになりました。

それから数十年経った今でも斜陽産業のままどんどん衰退しています。

そしてコロナ禍の大量解雇で、小さな無名ブランドの多くが店をたたみました。
またコロナ対策の助成金を退職金代わりとして、以前より人と機械の老朽化により廃業しようと考えていた職人たちも店をたたみました。

まず、この状況を知っていましたか?

将来の就職先としてアパレル企業を選ぶ場合、どんどん就職先が少なくなります。
希望の企業と職に就けるのは選ばれた上位数%の人間だけです。
進路を考えている今の時点で上位数%の人間になれる自信がある人は、自分の考える進路に従って動いていいと思います。
しかし「そこそこ頑張れるんじゃないか?」くらいの自信であれば、進路にアパレルの専門学校を選ぶことは止めましょう。
高確率で後悔します。

ただし、アパレルの夢自体を諦めろと言っている訳ではないです。
他のアプローチ方法も知って欲しいだけです。

アパレル企業の雇用形態

社会に出ていない人たちはまず “正社員” を目指しますが、アパレルでは “契約社員” が主流だという事を知っておいてください。

大企業のアパレル企画職の多くが契約社員としての雇用です。
ただし世間でいわれているような悪いイメージはなく、有給休暇・福利厚生・企業年金・退職金などが完備されていることも珍しくないです。
1年契約のためいきなり職を失うこともないので、特に問題はないように思えます。

逆に、中小企業ではいきなり正社員として雇用されることも少なくないです。
ただしブラック企業が多いため、若い人はいいように言いくるめられてしまい厚生年金や雇用保険へ加入してもらえないまま働き続けるケースも少なくないです。
正社員だからといって安心はできません。

それでも「なんとなく正社員が良い」という人も少なくないと思います。
安心できる正社員になりたいのであれば、アパレル業界に就職するのは止めましょう。

就職のための専門学校?

アパレルの企画職に就職するためには専門学校に通わないといけないのではないか?と思っている人が多いと思います。
結論から言うと間違いです。

大企業には、一般的な大学を卒業してから企画職に就職する人が多くいます。
要は、独学でも就職できるということです。
もちろん大変な部分もありますが、大学卒ならではのアドバンテージもあります。

まず初任給が高いことが多いです。
一律の場合もありますが、多くの場合は専門学校卒よりも大学卒のほうが初任給が高いです。
同じ仕事をするのであれば給料が高い方が良いです。

また、一般教養があることから役職が付きやすいです。
これにも当然努力は必要ですが、専門学生が習うことのない分野を学んでいるというのは大きいです。

もしもアパレルが今以上の就職難になったとしても、大学を卒業していれば他の業種への道も簡単に開けます。

端的にまとめると、アパレルを目指す場合に大学を卒業しておけば ”給料が高く、偉くなりやすく、就職へのリスクヘッジが効いている” というメリットが付いてきます。

それでもアパレルの専門学校にこだわりますか?

夢のためにはアパレル企業への就職は必須?

最後に問います。
あなたの夢を叶えるためには、アパレル企業への就職は必須でしょうか?

もしも “崇拝するデザイナーに人生をささげるのが夢” という場合は、そのブランドに就職するしかないでしょう。
ただし “憧れのデザイナーのように自分のブランドを持ちたい” という場合は、アパレル企業に就職する必要はないです。

アパレルの仕事のほとんどには国家資格が必要ないです。
そのため 「今日からプロのデザイナーです!」 と宣言するだけでプロのデザイナーになれます。
自分の会社を立ち上げるのであれば、アパレル企業に就職する必要はないです。

アパレルブランドに長く在籍したとしても、独立後に個人の仕事がとれるかどうかは別問題です。
また、よく使用していた工場なども、金銭の後ろ盾がない個人とだと関係は白紙に戻されます。
そのため、アパレル業界に長くいたからといって、独立後の成功が約束されるわけではないです。
むしろ広告代理店や雑誌社で働いていた方が、独立後に使えるツテが増えるようです。

聞き方を変えて、もう一度問います。
あなたの夢はアパレル企業への就職でしょうか? それともアパレルで成功することでしょうか?

よく考えてみてください。

まとめ

あなたの夢が ”アパレル企業に就職すること” であれば、専門学校だけではなく大学進学も検討してください。
また、あなたの夢が ”アパレルで成功すること” であれば、無理にアパレル業界への就職を目指さないでください。

少ない情報から進路を選ぼうとすると、視野狭窄により正しい判断がしにくくなります。
良い情報も悪い情報もすべて並べたうえで、必ず自分で決断してください。
自分で選ばないと、成功しても失敗しても一生後悔し続けることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました