アパレルの専門学校に通うメリットは? 理解して最大限に活用しよう

アパレルに就職するために

専門学校に通うのであれば、メリットを最大限に活かさなければもったいないです。
そこで今回は、アパレルの専門学校に通うメリット に付いて紹介します。

コネを獲得しろ

専門学校に通う最大のメリットは、コネクションが手に入ることです。

就職したOB・OGを通じての企業と学校のつながりはもちろんですが、もっと強いつながりがあります。
それは、教員と社員の個人的なつながりです。

教員にはアパレル企業に就職した経験のある人が多く、その当時の同僚がまだ会社に残っていることも多いです。
古臭く思うかもしれませんが、このような個人的なつながりがコネクションとして強いのは事実です。
教師と適切な距離感で交流をとり、いざというときに個人的なコネクションを使わせてもらえるような関係性を築きましょう。

「コネ入社なんて恥ずかしい。実力で勝ち取りたい!」という人もいるかもしれませんが、立派なことは社会人になってから言ってください。
旨味のある仕事の大半はコネクションがある人たちで回していることを、まず理解してください。

インターンシップを活用しろ

学生である立場を最大限に活かせるのがインターンシップです。
実際の職場に見学に行ったり、働いたりすることができます。

ただしインターンシップは単なる経験の場ではなく、企業が青田買いをするための場だということを忘れないでください。

インターンシップ先で優秀さ演出できれば、就職への道が一気に開けます。
間違っても学生気分で行くことは避け、しっかりと良い印象を残してきてください。

新卒カードを最大限に活かせ

日本企業に就職するためには、新卒一括採用を利用しない手はないです。
新卒以外での入社を一切受け付けない企業もあるほど、日本企業は新卒者が大好きです。

新卒者には現在のスキルよりも将来性が重視されます。
教育をしなくてはならないのでコストはかかりますが、他企業のヘンな癖がついていない分だけ教育はしやすいと考えられています。
新卒者に求めるのは “素直そう” “成長しそう” “会社に貢献してくれそう” といった抽象的なものが多いため、自分の能力以上の企業にも入りやすいです。
中途採用者には経歴が重視されます。
チームリーダーとしてどれだけ会社に利益を与えてきたかが問われるため、人間関係の不和などで辞めた場合は新卒より低い評価になることも多々あります。
中途採用者に求めるのは “これまでの成果” のため、大きな成果をあげていない限り納得のいく転職につなげることは難しいです。

新卒は一度しか使えないカードのため、最大限に活かせるように準備しておきましょう。

まとめ

専門学校生活では良い人間関係を構築してコネクションを獲得しましょう。
また自分をよく見せる技術を磨き、インターンシップや新卒一括採用の場に臨みましょう。

専門学校は専門知識を学びに行く場所ではなく、就職活動を有利に進めるための場所です。
あとの人生を楽にするためにも、高校生気分を引きずるのは止めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました