パタンナーのハローワーク活用法! 嘘だらけの地雷求人は使用するな

アパレルに就職するために

ハローワークを就職活動の一部に組み込んでいる人もいますが、絶対に止めておいた方が良いです。
そこで今回は、パタンナーが就活でハローワークを使う危険性と活用法 を紹介します。

ハローワークは地雷求人だらけ

就職活動を始める人にまず言っておきたいことが、就職先を探すのにハローワークを使用しないでくださいという事です。

公共職業安定所と言われていたくらいなのだから職探しをする場所なのでは?と思う人もいるかもしれませんが、認識を改めてください。
ハローワークはブラック企業が求人募集を出すためのところです。
これはもはや一般常識です。

まず求人票の内容が嘘だらけです。
これは、ブラック企業が提示する求人内容ではハローワークに掲載することができないため修正をさせます。
ただし提出書類を直させるだけで、実際の内容には一切関知しません。
ブラックでない企業も混ざっていますが、適切な求人か地雷求人かを見極めることは難しいため、そもそもハローワークを使用しない方が安全でしょう。

ハロワはやめとけ!ブラック企業と嘘だらけの求人票
このサイトで初めに言っておきたいことは、 "ハローワークは地雷の相互案内所なので使わない方がいい!" ということです。 一般的にも周知されてきていますが、知らない人のためにも実際の失敗談を交えて紹介します。 今回はそんな、嘘の求人票...

その他にも、ハローワークでの就活を推奨しない理由はいくつもあります。

  • いまどき自社サイトすら適切に管理できていない企業は、時代が分かっていない昭和企業の確率が高い。
  • ハローワークにしか求人募集を出していない企業は、求人会社に依頼できない理由を秘めている場合がある。
  • 採用活動にお金をかけていないという事は、人材にお金をかけたくない可能性が高い。

など、例を挙げればキリがないので割愛します。

ブラック企業でもなんでもいいから就職したい!という変わった人以外は、ハローワークで就職先を探すのは止めましょう。

それでは、ハローワークは何をする場所なのでしょうか?

ハローワークは失業保険をもらいに行くところ

社会人がハローワークに通う多くの理由は失業保険の申請です。

失業保険をもらうためには時間がかかるため、書類がそろい次第すぐに行きましょう。
その際に雇用保険の加入年月や離職内容などを確認し、問題があれば相談をしてください。
内容の差異を証明するために、契約書や給料明細を用意しておくと話がスムーズに進みます。

事業主の場合は雇用助成金に必要な手続きなどを行う場でもありますが、一般の人には関係はないです。

基本的に、ハローワークは失業保険をもらいに行くところだと覚えておいてください。

職業訓練校も活用できる

もう一つパタンナーになるために活用できるシステムがあります。
それが職業訓練校です。

専門学校に通うお金がない人でも就職活動のための勉強ができる場所で、パタンナーコースもあります。
ただし常時受け入れているわけではないので、管轄のハローワークに行って内容を確認しましょう。

この職業訓練校の使い方には勉強の他にもうひとつあります。
失業保険の早期受取や延長に使う方法です。

失業保険の申請を行ったうえで職業訓練校に通うと、失業保険の給付が早まります。
また、職業訓練校に通っているうちは失業保険が切れずに延長されます。
失業保険と長期の職業訓練校を組み合わせれば、失業保険を1年間もらい続けながら勉強することも可能です。

悪用目的はダメですが、この方法には一切問題はないです。
制度の詳細を確認して、うまく活用してください。

まとめ

ハローワークで就職先を探すのはNGです。
職探しの場所ではなく、失業保険をもらいに行く場所だと認識を改めましょう。

ここまで強く言い切れるのは、実例をいくつも見てきたからです。
みなさんは無駄な労力を使用しないでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました