みだしなみから第一印象を良くしよう!専門学生時代にやるべきこと

アパレルに就職するために

アパレルの専門学校は、単に洋服を学びに行くところではなくアパレル企業に就職するための場所です。
そこで今回は、就活対策に必要なみだしなみの整え方 を紹介します。

みだしなみの基礎はスキンケア

アパレル企業を目指しているのだから服には気を使っていると思いますが、中身はどうでしょうか?
特に男性は、スキンケアを怠っている人が多いです。

アパレルの専門学校ではずっと布に触れているため手先の油分が失われます。
また、ほこりが立ちやすいため、顔などに皮膚ストレスが蓄積しやすいです。
そのような状態を放置しているとハリや若さが失われ、就職活動時に印象が悪くなります。

そうならないためにも、男女問わず最低限のスキンケアは必要です。
化粧水と乳液だけでも良いので自分の肌質に合うものを見つけ、毎日こまめにケアしてください。

歯医者に通って口腔ケア

スキンケアと同様に、口腔内のケアはとても重要です。
輝く白い歯にしろとまでは言いませんが、口臭のある黄ばんだ口元では面接時の印象が悪いです。
少なくとも半年に一回は歯医者に通い、汚れや歯石をとってもらってください。

また可能であれば、歯並びをキッチリと矯正してください。

歯科矯正というとワイヤーでつけっぱなしにするイメージが強いですが、インビザラインのような透明なマウスピースタイプもあります。
歯医者で相談をして、自分の生活スタイルに合ったプランを選んでもらいましょう。

花粉症対策を見つけておこう

日本人の大半が花粉症を患っています。

就活の時期に花粉症が悪化すると、目元の赤み・肌の荒れ・睡眠不足によるクマなど第一印象を悪化させる原因がオンパレードで押し寄せてきます。
そのため、症状が悪化しないための方法を見つけましょう。

根本治療であれば、舌下免疫療法などを検討しましょう。
対処療法であれば、薬や漢方などに頼りましょう。

※ これらの医療行為に関しては体質との相性に個人差があるため、医師と相談して早い時期から試してみましょう。

まとめ

新卒者が就職活動で第一印象を良くするには “清潔感” と “若々しさ” が重要です。
顔周りの印象を良くするためにも、肌や歯などを健康に保ちましょう。

専門職が技術を磨くのは当たり前のことです。
最後の一押しをするためにも、他の人が見落としがちな部分まで磨きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました