コロナ禍の花粉症は早期の対策が必須!意外と重要なメガネの役割とは

便利な情報・まとめ

コロナ禍のインフルエンザも恐ろしいですが、拡散力と発症数で言えばスギ花粉の方が猛威を振るいそうです。
そこで今回は、コロナ禍の花粉症対策について書きます。
まだ先だからと気長に構えていると、いつの間にか花粉症のピークに入ってしまうので注意してください。

部屋の花粉を減らせ!空気清浄機と加湿器の選び方
以前コロナ禍の花粉対策について書きましたが、症状を抑えるためには部屋の中のケアも必要です。 そこで今回は、空気清浄機と加湿器を利用した効果的な花粉対策について紹介します。 適用床面積は2倍必要 適用床面積とは、規定の粉塵量を3...

とにかく迅速な対応を

花粉が飛び始めたら、症状が出る前に薬をもらいに行く人が多いと思います。
アレルギー症状が出始める前に抑えるこの対策は、とても有効です。
ただし、コロナ禍ではもう一段階早めてください。

キーワードは天気予報の「そろそろ花粉が飛び始めるシーズン」です。

このワードを聞いたら、すぐに耳鼻科に行って薬をもらってください。
恐らく、例年以上にみんなの動きも早いと予想できます。
そのため「例年と同じくらい、少し早めに病院に行こう」程度だと、混雑した病院にいくはめになります。
今年だけは、混雑を避けるためにいち早く病院に行ってください。

でも、なぜそんなに急かすのか?

花粉症の経験がある人は分かると思いますが、痒さから目を無意識的にこすってしまいます。
もしコロナウィルスが手に付いた状態で目の粘膜に触ったら、感染のリスクがあります。
感染を防ぐためにも、できる限り花粉症の症状を発生させないことが重要です。
そのため今年だけは、発症前に薬で押さえるなどの対策が重要です。

アパレルでも花粉症を防ぐ

衣服に気を付けることで、花粉を体内や家庭に入れることを防げます。
細かなことですが、対策してください。

“普通のメガネ” が花粉に有効

顔にフィットした花粉対策用のメガネはとても良い防護力を発揮しますが、顔の形に合っていないと逆に目にストレスを与えることになります。
メガネの周りの防塵カバーと顔との隙間から風が吹き込み、目に直撃します。
それにより、目の乾燥と花粉の直撃によるダブルパンチをくらってしまいます。

“普通のメガネ” であれば、ある程度誰にでも効果があります。
正面から目に入る花粉を減らしてくれることはもちろんですが、無意識的に目を触ることを防いでくれます。
目が悪くない人は、レンズサイズの大きいPC用メガネなどをかけてください。だてメガネでも構いません。

マスクでメガネが曇りやすいため、曇り止めを塗るなどの対策も忘れないようにしてください。

“布マスク” も有効

花粉・くしゃみの飛沫・ウィルスの大きさを比べた時、花粉が一番大きいです。
そのため、布マスクであっても有効です。
ただし顔にフィットした不織布マスクが手に入るのであれば、そちらを使用してください。
重要なのは、隙間を作らないことです。

“コート” はシンプルな帯電防止素材製

フード・ポケット・ウエストの飾りベルトなどはもちろんですが、縫い目などにも花粉は溜まります。
表面積が広かったり縫い目などのカドが多かったりする服には、花粉が溜まりやすいです。
そのため、できる限りシンプルなつくりのコートを着るようにしてください。

また、新たに買うのであれば帯電防止素材であることを確認してください。
静電気を防止することで、花粉が服につくことを抑えやすくなります。
家に持ち込まないように対策をしてください。

本気なら “髪型” でも対策

前髪が長いと、どうしても目の周りを触る機会が多くなってしまいます。
そのため本気の花粉症対策では、目にかからないように前髪を短くしてください。

また、全体的にボリュームを減らしてショートにすることで、家に持ち込んでしまう花粉の量を減らすこともできます。
シニヨンなどで髪をまとめて、表面積を減らすことも効果的です。

まとめ

スギ花粉は、インフルエンザと交代でやってきます。
コロナと併せて長期の防護戦になりますが、耐えきってください。
ここで、まとめます。

“花粉が飛び始めそう” という段階ですぐに対応してください。
薬やマスクだけではなく、メガネ・コート・髪形などで花粉症を軽減させてください。
その中でも薬・マスク・メガネが特に重要です。

長い自粛生活で、心身ともに疲弊していると思います。
そんなときは免疫機能が低下しているので、いつも以上にキッチリと対策してみてください。

【部屋干しにオススメ】小型シャツ乾燥機アイロンいらーずの使い方
花粉・黄砂・梅雨など、洗濯物を干せない日は一年中あります。 サーキュレーター付き乾燥機も良いですが、乾燥だけではなくシワも消したいですよね。 そこで今回は、小型シャツ乾燥機の "アイロンいら~ず" の紹介と使い方説明をします。 ※...
部屋の花粉を減らせ!空気清浄機と加湿器の選び方
以前コロナ禍の花粉対策について書きましたが、症状を抑えるためには部屋の中のケアも必要です。 そこで今回は、空気清浄機と加湿器を利用した効果的な花粉対策について紹介します。 適用床面積は2倍必要 適用床面積とは、規定の粉塵量を3...

コメント

タイトルとURLをコピーしました