グーグルアドセンスに合格しよう!審査に通るために使った便利ツール

便利な情報・まとめ

Google AdSenseの合格基準は公表されていません。
そのため、合格者の声を聞いて推測するしかないです。
そこで今回は、わたし自身が行ったグーグルアドセンス対策です。

はじめに言っておくべきこと

アドセンスは毎回初回で申請が通っていますが、ビュー数を伸ばす方法は知りません。
わたしの専門分野であるアパレルの単価は安くレッドオーシャンのため、なかなか収入にも繋がっていません。

そのため、わたしが教えられるのはアドセンスに合格するまでに使ったツールだけです。

書く記事の内容

わたしが書いている記事は、どのサイトでも基本的にアパレル関係のことです。
それは単純に、わたしがアパレル従事者だからです。
実体験や経験に基づく内容” と “正しい情報に自分の専門分野を絡めること” の2点を心がけています。
自分が使いたい “あったら便利なページ” を作ることもあります。

10,000文字を超える専門ページが主のサイトの時もあれば、このサイトのように2,000~3,000文字が主体のこともあります。
このことから、しっかりとした内容があればライトコンテンツがメインでも審査に通るようです。

どんなに考えに詰まったとしても、他者の記事を買うような事はしないでください。
適当な記事で埋めようとすると、WELQの “肩こりの原因は幽霊” のような炎上問題に発展するので注意してください。
↑ 知らない人はググってみてください。笑えます。

注意したWeb構成

もともとアドセンス合格が目標ではなかったため、わたしが注意した点はシンプルです。
“Googleに対して誠実であること” だけです。

日本国内にある検索エンジンの中で、最も使用されているのはGoogleで間違いないと思います。
そのため、このGoogleの検索上位に上がることがウェブ記事のライティングで最も重要なことと言えます。
検索して上位3位以内に入らなければほとんど読まれず、存在しないのと一緒です。
そのためGoogleに適切なSEOを心がけることが、仕事や広告などのすべてのことに繋がります。
以下は、実際に使用したツールです。

記事の構成を正しくするためには、バズ部の記事を読み勉強しました。
SEO対策はここの無料公開ページを読むだけで充分でした。

バズ部
私たちが考える最高のWebマーケティング、コンテンツマーケティングについて、会社経営者、Webの担当者や個人事業主の方々にダントツで役に立つコンテンツを提供する「バズ部」
文章を正しく書くためには、Wordの文章校正機能を使いました。
最低限のチェックであれば、これで充分です。
低スペックPCでも開けるようにWordPressのテーマのなかから、SEOに強く軽量なテーマを選びました。
バズ部にもブログ用無料テーマがあるのですが、わたしはCocoonを使用しています。
開発者が日本人の無料テーマのため、ハウツーが分かりやすく初心者でも簡単に扱えます。https://wp-cocoon.com/

あとがき

当時のわたしはWebライティング初心者でしたが、15記事程度でアドセンス申請を出して一発合格しました。
そのため今も、10~15記事公開したときに申請を出しています。
このサイトの前半は1日1記事掲載のため、サイト立ち上げから15日目の記事を公開した後に申請しました。

キーワード選定や中古ドメインを考える前に、基本のSEOを立ち返ってはいかがでしょうか?

↓ 複数アカウント使用時の失敗談も読んでみてください。

サイト移転で大失敗!リダイレクト設定でグーグルのページ評価が全損
※ 2021年1月8日に続報追加!! ※ この話は、2020年12月27日にサイト移転をして2021年1月3日に発覚した実話です。 サイトをまたぐ301リダイレクトを行った際にミスをして、検索ワードで1位をキープしていた30ペー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました