フレンチナローカラー とは?

シャツの衿デザインの「フレンチナローカラー」を紹介します。

フレンチナローカラー とは?

名前の由来は?

クラシカルなヨーロピアン調のドレスシャツに多く使われていたことから、「フランスの狭い衿」という意味で付けられたデザイン名と推測されています。

あまり見ることのない特殊な衿型です。

別名は?

構造由来の名前

  • 極端に 狭い 剣先の開きの 衿 という意味で「エクストリームリー ナロー スプレッド カラー

デザイン名

  • 特にないです。

おおまかな特徴は?

剣先の前端同士がくっ付いているように見えるほどに、極端に剣先が閉じていることが特徴です。

詳細な基本形状は?

衿の構成:ツーピース(羽 + 台)
台衿ボタンの数:1個
前台衿の高さ:2.0 ~ 3.0cm
剣先の形状:剣型
剣先の長さ:6.0 ~ 8.0cm
剣先の開き:0 ~ 20度
衿の仕様:特に無し
その他:特に無し

※ 数値の範囲は、年代・企業により開きがあります。

ナローカラー と相性の良いスタイルは?

相性の良いネクタイは?

ネクタイの結び玉が見えないことと、羽衿が浮きやすいことから、一般的なネクタイ全般と相性が良くないです。
それでもネクタイをつけたい場合は、結び玉が大きくならない細く薄いネクタイや、結び玉を作らないタイプのタイをオススメします。

相性の良い服装は?

クラシカルなスーツスタイルと相性が良いです。

ナローカラー の注意点は?

主張が強く、ネクタイとも合いにくいため、一般的なビジネス用には向きません。

タイトルとURLをコピーしました