ヨーロピアンボタンダウン とは?(ロングポイントver.)

シャツの衿にフラットボタンダウン加工を施したデザインの「ヨーロピアンボタンダウン」のロングポイントバージョンを紹介します。

ヨーロピアンボタンダウン とは?

名前の由来は?

ヨーロピアンボタンダウンを直訳すると ヨーロッパのボタンダウン で、
「剣先の長さが長いか短い、フラットボタンダウン仕様をほどこした衿」の事を指します。

このページでは、ロングポイントバージョンについて紹介しています。

あまり聞き馴染みがないデザイン名だと思いますが、フラットボタンダウンと似たようなものと考えてください。

別名は?

構造由来の名前

  • 剣先の長い ボタンダウン加工 という意味で、「ロング ボタンダウン
  • 剣先の長い フラットボタンダウン加工 という意味で、「ロング フラットボタンダウン

デザイン名

  • 特にないです。

おおまかな特徴は?

身頃に縫い付けたボタンで 衿元にロールをつけずに剣先を留めつけて、衿を浮かせない様にすることが特徴です。(フラットボタンダウンの特徴)

剣先が長いものも、剣先が短いものも「ヨーロピアンボタンダウン」と呼びます。
ただし、剣先の長さが標準的なものは単に「フラットボタンダウン」と呼びます。
そのため、すべてのフラットボタンダウン を ヨーロピアンボタンダウン と呼ぶのは誤りです。

詳細な基本形状は?

衿の構成:ツーピース(羽 + 台)
台衿ボタンの数:1個
前台衿の高さ:2.0 ~ 3.0cm
剣先の形状:剣型
剣先の長さ:4.0 ~ 6.0cm / 10.0 ~ 12.0cm
剣先の開き:60 ~ 90度
衿の仕様:フラットボタンダウン
その他:特に無し

※ 数値の範囲は、年代・企業により開きがあります。

ヨーロピアンボタンダウン と相性の良いスタイルは?

相性の良いネクタイは?

幅が細いネクタイと、相性が良いです。

一般的な幅・厚みのネクタイとも、相性は悪くはないですが、結び玉が小さくなる様に結んでください。

生地や芯地が厚かったり、幅が広かったりする、結び玉が大きくなりやすいネクタイとは、相性が悪いです。

セッテピエゲほど厚いネクタイとは、相性がとても悪いです。

相性の良い服装は?

クラシカルなスーツスタイルと相性が良い方です。

ジャケパンやノータイなどの、カジュアル寄りのスタイルには合いにくいです。

ヨーロピアンボタンダウン の注意点は?

特にないです。

タイトルとURLをコピーしました