ボタンダウン とは?

シャツの衿オプションの「ボタンダウン」を紹介します。

ボタンダウン とは?

名前の由来は?

ボタンダウンを直訳すると ボタンで留める となり、
「身頃に縫い付けたボタンで 剣先を留める仕様」の事を指します。

注釈を付けずに「ボタンダウン」と呼ぶ場合は、ロールドタイプのボタンダウンを指すことが一般的です。

シャツの定番オプションのひとつで、カジュアルなデザインですが、ビジネス用にも用いられるデザインです。

別名は?

構造由来の名前

  • 衿元にロールをつけた ボタンダウン加工 という意味で、「ロールド ボタンダウン
  • ボタンダウン加工を施した 衿 という意味で、「ボタンダウン カラー

デザイン名

    • 特にないです。

おおまかな特徴は?


身頃に縫い付けたボタンで剣先を留めつけて、衿を浮かせない様にすることが特徴です。

ロールドタイプの場合は、羽衿の衿元にロールをつけて、ふんわりと留め付けます。
フラットタイプの場合は、羽衿の衿元にロールをつけずに、キッチリと留め付けます。

詳細な適用条件は?

適用可能な条件:
羽衿パーツが必要です。

適用する内容:
身頃の鎖骨周辺にボタンを縫い付け、羽衿の剣先にボタン穴をあけます。
ただし、デザインによっては台衿にボタンを縫い付ける場合もあります。

注文内容にもよりますが、柔らかな芯地への変更を併せて勧めます。

ボタンダウン と相性の良いデザインは?

相性の良い衿型は?

ネクタイを締める場合は、レギュラーカラー などの一般的な剣先の長さの衿型と相性が良いです。

剣先の開きが広い衿型は、剣先が浮きにくいため、ボタンで留め付ける必要性が少ないです。

剣先を大きくカットしている衿型は、ボタンを留めることで押さえつけられる面積が広く、着心地に影響する場合もあるため、相性が悪い場合があります。

剣先が細くとがっている衿型は、ステッチを切ってしまう可能性を減らすために、剣先からボタン穴の端までの距離が長くなりやすく、デザインバランスが崩れやすいため相性が悪いです。

相性の良い生地は?

シャツとして一般的な厚みの生地と相性が良いです。

薄手の生地の場合、生地が弱く、ほつれや裂けの原因になることもあるため、あまりオススメはできません。
また、とても厚い生地や芯地を使用する場合も、ボタン通りが悪くなりやすいため、オススメはできません。

ボタンダウン の注意点は?

通常の衿型より羽衿の返りが上がるため、衿元が平らな仕上げ方の衿よりも若干ですが首が擦れやすいです。
柔らかい芯地を使用することで押し当てられる感じはなくなりますが、それでも首の擦れが気になる方は、いつも着ているシャツよりも「衿の高さを下げる」「衿回りを広げる」などの対処をしてください。

また、ビジネス用としても使用できますが、正装には合わせることができません。
あくまでも、カジュアル用であることを知っておいてください。

タイトルとURLをコピーしました