スナップダウン とは?

シャツの衿オプションの「スナップダウン」を紹介します。

スナップダウン とは?

名前の由来は?

スナップダウンを直訳すると スナップで留める となり、
「スナップボタンで 身頃に剣先を留める仕様」の事を指します。

多くの場合はボタン留めであることを見せない仕様のですが、デザインとしてあえて見せるカバーを見せるものもあります。

フライタイプのスナップダウンはシャツの定番オプションのひとつで、着崩れにくいため、ビズネスやフォーマルに向いているオプションです。

別名は?

構造由来の名前

  • 比翼仕立ての スナップダウン という意味で「フライ スナップダウン

デザイン名

  • 特にないです。

おおまかな特徴は?


身頃と剣先に縫い付けたスナップボタン同士を留めつけて、衿を浮かせない様にすることが特徴です。
ボタンダウンのボタンを、スナップボタンに変えたものと思ってください。

一般的には、スナップボタンを見せない様に縫い付ける比翼タイプの仕様が多いです。
ただし、デザインとしてスナップボタンのカバーをあえて見せる仕様もあります。
どちらの仕様も「スナップボタンを使用して衿を浮かせないようにする」という点では同じですが、見た目は変わります。

詳細な適用条件は?

適用可能な条件:
羽衿パーツが必要です。

適用する内容:
身頃の鎖骨周辺 と 羽衿の剣先 にスナップボタンの凸と凹をそれぞれ縫い付けます。
ただし、デザインによっては台衿にボタンを縫い付ける場合もあります。

スナップダウン と相性の良いデザインは?

相性の良い衿型は?

レギュラーカラー などの一般的な剣先の長さの衿型と相性が良いです。

剣先の開きが広い衿型は、剣先が浮きにくいため、ボタンで留め付ける必要性が少ないです。

相性の良い生地は?

シャツとして一般的な厚みの生地と相性が良いです。

薄手の生地の場合は、機工が透けてしまう可能性があるため、あまりオススメはできません。
とても厚い生地の場合は、機工に厚みが出てしまい剣先が浮きやすくなってしまうため、オススメはできません。

デザインとしてカバーをオモテに出す仕様にする場合は、とても厚い生地を使用してしまうと、金具のツメが貫通できず、固定できないことがあるため注意してください。

スナップダウン の注意点は?

ボタンの種類や見せ方に関わらず ロールドタイプ全般 は、
通常の衿型より羽衿の返りが上がるため、衿元が平らな仕上げ方の衿よりも若干ですが首が擦れやすいです。
また、通常のボタンダウンよりも切り替えや機工が加わる分、首への当たりが若干強まります。
柔らかい芯地を使用することで押し当てられる感じはなくなりますが、それでも首の擦れが気になる方は、いつも着ているシャツよりも「衿の高さを下げる」「衿回りを広げる」などの対処をしてください。

タイトルとURLをコピーしました