タイニーカラー とは?

シャツの衿デザインの「タイニーカラー」を紹介します。

タイニーカラー とは?

名前の由来は?

タイニーカラーを直訳すると ちっぽけな衿 となり、「ショートカラーの中でも、特に剣先の長さが短い衿」の事を指します。

レディースやカジュアルに合わせやすいデザインです。

別名は?

構造由来の名前

  • とても短い 剣先の長さの 衿 という意味で「ベリーショート ポイント カラー

デザイン名

  • 見た目の印象から「チビ衿」

おおまかな特徴は?

ショートカラーの中でも、特に剣先が短いことが特徴です。

詳細な基本形状は?

衿の構成:ツーピース(羽 + 台)
台衿ボタンの数:1個
前台衿の高さ:2.0 ~ 3.0cm
剣先の形状:剣型
剣先の長さ:3.0 ~ 5.0cm
剣先の開き:30 ~ 90度
衿の仕様:特に無し
その他:特に無し

※ 数値の範囲は、年代・企業により開きがあります。

タイニーカラー と相性の良いスタイルは?

相性の良いネクタイは?

幅が細いネクタイと、相性が良いほうです。

ただし、羽衿が浮きやすいことから、一般的なネクタイ全般と相性が良くないです。
そのため、ネクタイの結び玉が大きくならない様に注意してください。

相性の良い服装は?

羽衿がとても小さいため、細いラペルのスーツや、細い幅のネクタイと合わせるとまとまりやすいです。
そのため、一般成人男性よりも細身、または、小柄な方に似合いやすいです。

タイニーカラー の注意点は?

顔が大きな人は、小さな羽衿と比較されてしまい、より顔が大きく見えやすいです。
また、身体が大きな人も、全身との比較により、バランスが悪いと感じられてしまうことがあります。
そのため、衿を身につけた状態で鏡に全身を映して、客観的にバランスを確認することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました