アシンメトリックカラー とは?

シャツの衿を二重にしたデザインの「アシンメトリックカラー」を紹介します。

アシンメトリックカラー とは?

名前の由来は?

アシンメトリックカラーを直訳すると 非対称の衿 で、「左右非対称に見える衿」の事を指します。

オーダーメイドで使用されることは少ないですが、カジュアルシャツにはそこそこ使用されています。

別名は?

構造由来の名前・デザイン名、共に特にないです。

おおまかな特徴は?

衿の左右が非対称に見えることが特徴です。
剣先の長さを変えたり、剣先の開きを変えたりして、衿の見た目を左右非対称にします。
基本的には羽衿を左右非対称にしますが、稀に台衿を左右非対称にするデザインもあります。

なお、アシンメトリックカラーの条件には「左右非対称な形状への変化」が重視されているため、刺しゅうなどで左右非対称に飾り付けたものはアシンメトリックカラーと呼ばないことの方が多いです。

詳細な基本形状は?

衿の構成:ツーピース(羽 + 台)
台衿ボタンの数:1個
前台衿の高さ:2.0 ~ 3.0cm
剣先の形状:剣型
剣先の長さ:上羽衿と下羽衿の差が 0.0 ~ 6.0cm
剣先の開き:上羽衿と下羽衿の差が 0 ~ 60度
衿の仕様:衿の左右が非対称に見える
その他:特に無し

※ 数値の範囲は、タイプ・年代・企業により開きがあります。

アシンメトリックカラー と相性の良いスタイルは?

相性の良いネクタイは?

衿にデザイン性があるため、ノーネクタイスタイルとの相性が良いです。

また、デザインの組み合わせが多岐にわたるため、似合うネクタイもベース形状によって変化します。

相性の良い服装は?

ジャケパンやノータイなどの、カジュアルなスタイルと合いやすいです。

アシンメトリックカラー の注意点は?

デザインの組み合わせが多岐にわたるため、注文をする際には事前に確認を行ってください。

タイトルとURLをコピーしました