チャイナカラー とは?

シャツの衿デザインの「チャイナカラー」を紹介します。

チャイナカラー とは?

名前の由来は?

チャイナカラーを直訳すると 中国の衿 となり、「チャイナドレスに用いられる衿型」の事を指します。
ただし、マンダリンカラーと呼ぶ方が、歴史に基づいているため、正式な呼び方といえます。

シャツの定番衿型のひとつで、一般的なビジネススタイルのイメージに差をつけやすいデザインです。

別名は?

構造由来の名前

  • 台衿のみで構成されていることから、「スタンドカラー」とも呼ばれますが、別デザインとして扱います。

デザイン名

  • 中国の清朝で官僚が着ていた服から、「マンダリン カラー
  • 中華人民共和国を建国した毛沢東が好んで着ていたことから、「マオ カラー
  • 上記の理由により、中国人が好んで着ているイメージから、「チャイニーズ カラー
  • インドの初代首相のジャワハルラール・ネルーが好んで着ていたことから、「ネールカラー

おおまかな特徴は?

台衿が突き合わせになっていることが特徴です。
それに関連して、身頃への縫いつけ方が一般的なシャツと異なります。

詳細な基本形状は?

衿の構成:台衿のみ
台衿ボタンの数:無し
前台衿の高さ:2.0 ~ 3.0cm
台衿の前端形状:丸型
その他:台衿の前端を突き合わせる形状により、第一ボタンがなくなるため、身頃のボタン位置を上げて、身頃第一ボタンの穴のみ横穴に変更する。

※ 数値の範囲は、年代・企業により開きがあります。

チャイナカラー と相性の良いスタイルは?

相性の良いネクタイは?

ネクタイ全般と相性が良くないです。

相性の良い服装は?

ビジカジスタイルと相性が良いです。

首回りが涼しく、シャツ1枚でもさまになりやすいですが、ビジネス感が少ないため、クールビズに用いるにはあまり向いていません。

チャイナカラー の注意点は?

特にないです。

タイトルとURLをコピーしました