カラーセパレーテッド とは?

シャツの衿オプションを施した「カラーセパレーテッド」を紹介します。

カラーセパレーテッド とは?

名前の由来は?

カラーセパレーテッドを直訳すると 衿を分けた となり、「身頃と衿の生地を分ける(変える)」ことを指します。

シャツの定番オプションのひとつで、カジュアルな印象が強くでやすいデザインです。

別名は?

構造由来の名前

  • 特にないです。

デザイン名

  • 衿に白い生地を用いる時のみ、「クレリック カラー

おおまかな特徴は?

身生地に対して、衿の生地を変えることが特徴です。

詳細な適用条件は?

適用可能な条件:
衿と呼ばれるパーツがあることです。

適用する内容:
身生地とは違う生地を、衿に使用します。

カラーセパレーテッド と相性の良いデザインは?

相性の良い衿型は?

基本的に、どの衿型とも相性は良いです。

組み合わせの数は無数にあるため、衿型よりも生地との相性を重視した方がまとめやすいです。

相性の良い生地は?

身生地に近いイメージの色を用いると、失敗しにくいです。
生地を選ぶ際に、色のトーンを合わせたり、同系色でまとめたりすると、大きく外すことがなく失敗しにくいです。

また、身頃の生地の織りに合わせた方が、まとまりやすいです。

カラーセパレーテッド の注意点は?

特にないです。

タイトルとURLをコピーしました