フレームドカラー とは?

シャツの衿オプションを施した「フレームドカラー」を紹介します。

フレームドカラー とは?

名前の由来は?

フレームドカラーを直訳すると 枠の付いた衿 となり、「衿の外回りに、額縁飾りを施した衿」の事を指します。

シャツのオプションのひとつですが、ビジネス向きではないため、オーダーメイドで扱っているお店は少なめです。

別名は?

構造由来の名前

  • 衿に額縁飾りを施していることから、「額縁飾り衿
  • 衿に縁飾りを施していることから、「パイプ カラー」と混同されがちですが、別デザインとして扱います。

デザイン名

  • 特にないです。

おおまかな特徴は?

衿の外回りに、額縁飾りを施していることが特徴です。

詳細な適用条件は?

適用可能な条件:
羽衿や1枚衿などの、剣先を持つ衿パーツが必要です。
また、剣先が細くとがっていないことも重要です。

適用する内容:
羽衿や1枚衿などの衿外回りを、額縁飾りに見える様に縫います。
実際に額縁飾りを施す方法と、切りかえて額縁飾りの様に見せる方法があります。

フレームドカラー と相性の良いデザインは?

相性の良い衿型は?

ライトアングルカラーの様に、直角に近い剣先の衿型と相性が良いです。

剣先が細くとがっている衿型は、縫製がしづらく綺麗に仕上がりにくいため、相性が悪いです。
また、極端に剣先の角が広い衿型も、角の二等分線が分かりにくいため相性がやや悪いです。

相性の良い生地は?

衿の生地に無地を使用することで、額縁飾りが見えやすくなります。

また、衿 と 飾り布 に使用する生地に色や柄で差をつけると、衿の縁取りがより強調されます。

フレームドカラー の注意点は?

剣先近くにはぎ目がある場合は、縫い代の段差でプレス跡ができやすくなります。
羽衿にアイロンをかける際は、テカリやシワを作らない様に注意してください。

タイトルとURLをコピーしました