ハーフフライボタンダウン とは?

シャツの衿オプションの「ハーフフライボタンダウン」を紹介します。

ハーフフライボタンダウン とは?

名前の由来は?

ハーフフライボタンダウンを訳すと 半比翼のボタンダウン となり、「ボタンが半分だけ隠れて見えるボタンダウン」の事を指します。

シャツの定番オプションのひとつで、カジュアルなデザインですが、ビジネス用にも用いられるデザインです。

別名は?

構造由来の名前

  • ボタンが隠れていることから、「フライ ボタンダウン」と略されることもありますが、別デザインと名称が被るため正しくないです。
    誤用しない様に注意してください。

デザイン名

  • 特にないです。

おおまかな特徴は?


ボタンダウンの一種で、衿の剣先を留めつけた際に、半分だけボタンが隠れることが特徴です。

正位置は、一般的にハーフフライを指定した際に使用する仕様です。
逆位置は、一般的ではないため、詳細な指定が必要になります。
どちらの仕様も「ボタンダウンに使用するボタンが半分だけ隠れている」という点は同じです。

詳細な適用条件は?

適用可能な条件:
羽衿パーツが必要です。

適用する内容:
身頃の鎖骨周辺にボタンを縫い付け、羽衿の切替線の下にボタン穴をあけます。
ただし、デザインによっては台衿にボタンを縫い付ける場合もあります。

通常のボタンダウンよりも羽衿のボタン穴の位置が衿元寄りなことが多いため、それに応じて身頃のボタンも衿元に寄せて付けます。
そのため、若干ですが通常のボタンダウンと着心地が変化します。

ハーフフライボタンダウン と相性の良いデザインは?

相性の良い衿型は?

レギュラーカラー などの一般的な剣先の長さの衿型と相性が良いです。

剣先の開きが広い衿型は、剣先が浮きにくいため、ボタンで留め付ける必要性が少ないです。

剣先を大きくカットしている衿型は、ハーフフライ仕様による留め位置の変化と、カッティングによる留めつけ面積の拡大が合わさり、着心地に悪影響を及ぼしやすいため、相性が悪いことが多いです。

相性の良い生地は?

シャツとして一般的な厚みの生地と相性が良いです。

カジュアル感が強くなりますが、
ストライプなどの地の目が分かりやすい生地を使用して、羽衿を奥で切り替えて 地の目方向を変えることで、ミトラカラーの様なデザインにすることができます。

ハーフフライボタンダウン の注意点は?

通常の衿型より羽衿の返りが上がるため、衿元が平らな仕上げ方の衿よりも若干ですが首が擦れやすいです。
また、通常のボタンダウンよりも切り替えや機工が加わる分、首への当たりが若干強まります。
柔らかい芯地を使用することで押し当てられる感じはなくなりますが、それでも首の擦れが気になる方は、いつも着ているシャツよりも「衿の高さを下げる」「衿回りを広げる」などの対処をしてください。

タイトルとURLをコピーしました