はじめてのオーダーメイド!オーダーメイドとは?

オーダーメイドをについて、分かりやすくシンプルに紹介しています。
今回は「オーダーメイド全般」に関してです。

シャツの衿デザイン 一覧
オーダーメイドシャツで使われる【衿デザイン】を紹介する一覧ページです。 このページから各デザインの詳細ページへリンクしています。

オーダーメイドのいろいろな【呼び方】

オーダーメイドで服を作ってみたいけど、呼び方の種類が多くてよく分からない人もいるかと思います。
そこで、「オーダーメイド」の呼び方をざっくりと紹介します。

日本語のオーダーメイド

オーダーメイド(Order made)
Made to Order の和製英語で、日本独自の呼び方です。
お客様の体型と要望に合わせて作る服の総称です。
フルオーダー(Full Order)
フル(Full)が示す通り、どの様な注文にも「すべて」応えるオーダーメイドを指します。
単にオーダーメイドと言う時も、このフルオーダーを指します。
省略して書くときは「FO」と書きます。
この呼び方は日本独自のもので、英語に言い換えるときは「bespoke tailored」を充てることが多いです。
フルオーダー とは?
【フルオーダー】の受注形態を紹介するページです。
セミオーダー(Semi Order)
セミ(Semi)が示す「半分」という意味から、フルオーダーほどではないですが、一般的な要望には大体応えることができるオーダーメイドを指します。
省略して書くときは「SO」と書きます。
この呼び方は日本独自のもので、英語に言い換える時は「custom made」を充てることがあります。
セミオーダー とは?
【セミオーダー】の受注形態を紹介するページです。
イージーオーダー(Easy Order)
イージー(Easy)が示す通り、フルオーダーよりも「手軽」に注文できるオーダーメイドを指します。
セミオーダーと同じ意味で用いられることが多いですが、パターンオーダーの意味合いも含むため、ややあいまいな表現です。
省略して書くときは「EO」と書きます。
この呼び方は日本独自のもので、英語に言い換える時は「custom made」を充てることがあります。
パターンオーダー(Pattern Order)
パターン(Pattern)が示す通り、用意された「服の型紙」をもとに注文をするオーダーメイドです。
省略して書くときは「PO」と書きます。
この呼び方は日本独自のもので、英語に言い換える時は「made to measure」を充てることが多いです。
パターンオーダー とは?
【パターンオーダー】の受注形態を紹介するページです。

その他

バイオーダー とは?
【バイオーダー】と一般的なオーダーメイドの違いを紹介するページです。
レディメイド とは?
オーダーメイドとは逆の販売形態の【レディメイド・既製品】を紹介するページです。

英語のオーダーメイド

Made to Order
オーダーメイドの本来の呼び方です。
お客様の体型と要望に合わせて作る服の総称です。
省略して書くときは「M2O」と書きます。
bespoke tailored(been spoken for tailored)
Made to Order の呼び方のひとつで、「仕立てるためにあらかじめ話した」という意味です。
仕立屋に注文するイメージから、日本では「フルオーダー」の英語として充てることが多いです。
tailor made
Made to Order の呼び方のひとつで、「仕立屋が作る」という意味です。
仕立屋が作るイメージから、日本では「フルオーダー」の英語として充てることがあります。
hand tailored
Made to Order の呼び方のひとつで、「手で仕立てた」という意味です。
仕立屋が手で縫うイメージから、日本では「手縫いのフルオーダー」の英語として充てることがあります。
custom made
Made to Order の呼び方のひとつで、「特別注文で作る」という意味です。
米:customize(または 英:customise)の「作り換える」という意味から、日本では「セミオーダー」の英語として充てることがあります。
made to measure
Made to Order の呼び方のひとつで、「計測して作る」という意味です。
計測という、数値に関わる印象が強いため、日本では「パターンオーダー」の英語として充てることが多いです。

まとめると、どの呼び方が正しいの?

日本人に伝えたいときは「オーダーメイド」、海外の人に伝えたいときは「Made to Order」と呼べば良いです。

各国で独自の言葉と意味が定着しているため、無理に言い換える必要はなく、また、完璧に言い換えることもできません。
伝わることが一番なので、わかりやすい言葉で呼びましょう。
ただし、オーダーメイドが英語ではないということだけは知っておいてください。

事業視点から見るオーダーメイド
事業を始めるにあたり、オーダーメイドの名前と種類を把握しなければなりません。 このページでは、日本で扱われているオーダーメイドの分類を紹介します。

初めてならこの1着!オーダーメイドシャツの定番デザイン

オーダーメイドシャツの着心地を確かめるためには、定番デザインで着比べてみるのが一番です。
ただ、情報まとめサイトを見ても、いくつかの選択肢が残されていて迷ってしまう方もいると思います。
そこで、このページでは「オーダーメイドで作るべき1着の定番シャツ」に限定して紹介します。
今回目標とするスタイルは、「スーツスタイルに合う定番シャツ」です。

生地は白のピンオックス

オススメの生地は「白色のピンオックス」です。

オックスフォードという、やや厚みと通気性をもつ織り方をしたプレーンな生地の一種です。
通常の糸で織る「オックス」
細い糸で織る「ピンオックス」
とても細い糸で織る「ロイヤルオックス」という様に、生地に使われる糸の細さにより、呼び方が変わります。
ピンオックスには上質な柔らかさがあり、かつ、日常着として手軽に扱えるため、人気の定番生地です。

ゆとりは少なめに

身頃のゆとりは、窮屈にならない程度にぴったりしているのがオススメです。

一般的な既製品のサイズ感は、ゆとりが多いです。
ゆとりが大きいと、製品の重さが増えたり、見た目や着心地のバランスを損ねたりします。
そのため、ぴったりするように、ゆとりを少なめにしてください。
ただし、きついのはNGなので、無理や我慢はしないでください。

デザインはシンプルに

スーツを着ることを前提に作るシャツは、なるべくシンプルなデザインを選んでください。
特に「衿」「前身頃」「ポケット」の3点は、シンプルにすることをオススメします。

衿は「レギュラーカラー」
レギュラーカラーは、ネクタイをするスタイルに適した衿です。
一般的な厚みや幅のネクタイに適しています。
ボタンダウンが好きな方も最初の一枚には、定番の「レギュラーカラー」をオススメします。
もし、カラーステイ(羽衿の補強に付ける透明な板)の仕様について聞かれたら、抜き差しできるタイプを選びましょう。
前身頃は「ウラ前立て、ダーツ無し」
ウラ前立ては見た目も仕様もシンプルなため、縫いつれをおこしにくく、縮みにくいです。
そのため、トラブルの対処などに必要な場合を除き、前立帯を作らない「ウラ前立て」をオススメします。
前ダーツは、女性の様に胸があるか、大胸筋が大きく肥大している人に必要な仕様です。
一般男性には、ほとんどの方に不要です。
ポケットは「無し」
ポケットは着心地を悪くするため、不要です。
ただし、どうしても必要な人は、後述のカフスのカット型と合わせて「中丸」の底型をオススメします。
後身頃は「ノータック、背ダーツあり、わどりヨーク」
背ダーツは、腰の反りに合わせるために必要です。
ただし極端に背中が丸い人は、ノータック・ノーダーツにしてください。
ヨークは、真ん中で分かれている必要はないです。
また、分かれていても問題はないですが、背中心に接ぎ目のない「わどり」をオススメします。
ただし、聞かれない限りは、答えなくても問題ないです。
裾は「スロープ型」
前後をなだらかにつなぐ「スロープ型」が良いです。
スラックスにしまう前提の裾型のため、スーツスタイルと相性が良いです。
ただし、聞かれない限りは、答えなくても問題ないです。
袖は「袖ぐり伏せ縫い、外側1タック」
袖付けは、ほつれにくさから「伏せ縫い」をオススメします。
袖のゆるみが多過ぎると、肘周りに生地があまり、スーツの袖の中でたごまりやすくなります。
そのため一般的な袖型には、「タックは外側に1本」で充分です。
また、その方がスッキリとして見えます。
カフスは「シングル、アジャスタブルボタン 無し、中丸」
カフスは、絶対的こだわりがなければ「シングルカフス」にしてください。
兼用カフスを勧めてくる人も多いですが、構造上不安定な存在のため、オススメできません。
そのため、通常用のシャツにはシングル、礼装用のシャツにはリンクの様に作り分けてください。
アジャスタブルボタンは、サイズを測って合わせるオーダーメイドには不要です。
カフスのカット型は、硬くなり過ぎず砕け過ぎない「中丸」がオススメです。

この章のまとめ

オーダーメイドで作るべき最初の1着として、スーツに似合う定番のシャツを紹介しました。
定番過ぎて物足りない様に思うかもしれませんが、初めて作るシャツは、身体への馴染みを重視したシンプルな仕様にすることをオススメします。
自分に合うお店を見つけてから、自分の好みも見つけていってください。

タイトルとURLをコピーしました