レギュラーカラー とは?

シャツの衿デザインの「レギュラーカラー」を紹介します。

レギュラーカラー とは?

名前の由来は?

レギュラーカラーを直訳すると 定例の衿 となり、「普通の衿」の事を指します。
シャツの衿としてありふれた衿型で、他の衿デザインの名前を決めるための基準となる衿型です。

なお、一般的に「レギュラーカラー」と呼ぶ時は、羽衿と台衿(JIS規格では羽根えりと台えり)に分かれたツーピースタイプのレギュラーカラーを指します。

また、上記のような一般的な衿型という意味の他に、ブランドが薦める定番の衿型という意味でレギュラーと名付けることもあります。

別名は?

構造由来の名前

  • 普通の 剣先の長さの 衿 という意味で「レギュラー ポイント カラー
  • 普通の 剣先の開きの 衿 という意味で「レギュラー スプレッド カラー
  • 飾り気のない簡素な 衿 という意味で「プレーン カラー

デザイン名

  • ブランド独自の呼び方で、「ストレート カラー」「テニス カラー」

おおまかな特徴は?

普通であり、特徴がないことが特徴です。
この場合の 普通 とは、特に「剣先の開き」「剣先の形状」「衿の長さ」に特徴がないことを指します。

詳細な基本形状は?

衿の構成:ツーピース(羽 + 台)
台衿ボタンの数:1個
前台衿の高さ:2.0 ~ 3.0cm
剣先の形状:剣型
剣先の長さ:7.0 ~ 8.0cm
剣先の開き:60 ~ 90度
衿の仕様:特に無し
その他:特に無し

※ 数値の範囲は、年代・企業により開きがあります。

レギュラーカラー と相性の良いスタイルは?

相性の良いネクタイは?

一般的な幅・厚みのネクタイと、相性が良いです。

幅が細いネクタイとも、相性はそこそこ良いです。

生地や芯地が厚いネクタイや幅が広いネクタイなどの、結び玉が大きくなりやすいネクタイとは、相性があまり良くないです。
どうしても幅が広いネクタイをつけたい場合は、結び玉が小さくなる様に結んでください。

セッテピエゲほど厚いネクタイとは、相性が悪いです。

相性の良い服装は?

一般的なスーツスタイルと相性が良いです。

ジャケパンやノータイなどの、カジュアル寄りのスタイルにはやや合いにくいです。
カジュアルスタイルに合わせたい場合は、クレリックカラー(白色衿と、別色の身頃)や、カラーセパレーテッドシャツ(白色以外の衿と、別色の身頃)などの遊び心を加えると砕けた印象になり、カジュアルスタイルに調和しやすくなります。

レギュラーカラー の注意点は?

特にないです。

タイトルとURLをコピーしました