ラウンドポイントカラー とは?

シャツの衿にカッティングを施したデザインの「ラウンドポイントカラー」を紹介します。

ラウンドポイントカラー とは?

名前の由来は?

ラウンドポイントカラーを直訳すると 丸先の衿 となり、「剣先のみに丸みをおびた衿」の事を総じて指します。
ただしここでは、丸みの大きさによって分類し、それぞれを別のデザインとして紹介します。

シャツの定番衿型のひとつで、レディースやカジュアルに合わせやすいデザインです。

別名は?

構造由来の名前・デザイン名、共に特にないです。

おおまかな特徴は?

剣先の形が、小丸よりも小さな丸みをおびていることが特徴です。
シャツにおける小丸とは、半径1.5cm前後の丸みの事を指します。

剣先が丸いものはすべてラウンドカラーといえますが、
「剣先を丸く削り落としたような衿型」を、ラウンドポイントカラーと呼びます。

詳細な基本形状は?

衿の構成:ツーピース(羽 + 台)
台衿ボタンの数:1個
前台衿の高さ:2.0 ~ 3.0cm
剣先の形状:極小丸型(半径0.75cm程度)
剣先の長さ:特に無し
剣先の開き:60 ~ 110度
衿の仕様:特に無し
その他:特に無し

※ 数値の範囲は、年代・企業により開きがあります。

ラウンドポイントカラー と相性の良いスタイルは?

相性の良いネクタイは?

ラウンドポイントカラーに似合うネクタイは、元になった衿型に由来します。
そのため、元になった衿型に合いやすいネクタイが、そのまま合いやすいです。

相性の良い服装は?

ビジカジスタイルと相性が良く、スーツの堅苦しさを緩和するのに役立ちます。

ラウンドポイントカラー の注意点は?

特にないです。

タイトルとURLをコピーしました