シャツの衿デザイン 一覧

オーダーメイドシャツ用語辞典の「衿デザイン全般」に関するページです。
詳細は、各デザイン名についているリンク先で紹介します。

ツーピース カラー type

羽衿と台衿(JIS規格では羽根えりと台えり)の2つの部位に分かれた衿です。
首の丸みに沿いやすく、ネクタイと相性の良い型が多いため、ビジネス用のシャツに用いられやすい仕様です。
この他に、シャツカラー、二枚衿などの呼び方もあります。

スプレッド(剣先の開き)による名前

フレンチナローカラー とは?
フレンチナローカラー とは、クラシカルなヨーロピアン調のドレスシャツに多く使われていたことから名付けられた衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ナローカラー とは?
ナローカラー とは、レギュラーカラーよりも剣先の開きが狭い衿型です。 詳細はページ内をご確認ください。
レギュラーカラー とは?
レギュラーカラーとは、他の衿デザインの名前を決めるための基準となる衿型です。 詳細はページ内をご確認ください。
セミワイドカラー とは?
セミワイドカラーとは、レギュラーカラーよりも剣先の開きがやや広い衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ワイドカラー とは?
ワイドカラー とは、レギュラーカラーよりも剣先の開きが広い衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
カッタウェイカラー とは?
カッタウェイカラー とは、レギュラーカラーの剣先を斜めに切り離したような衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ホリゾンタルカラー とは?
ホリゾンタルカラー とは、羽衿の前端が水平に見える衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。

ポイント(剣先の長さ)による名前

タイニーカラー とは?
タイニーカラー とは、ショートカラーの中でも、特に剣先の短い衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ショートカラー とは?
ショートカラー とは、レギュラーカラーよりも剣先が短い衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
レギュラーカラー とは?
レギュラーカラーとは、他の衿デザインの名前を決めるための基準となる衿型です。 詳細はページ内をご確認ください。
ロングカラー とは?
ロングカラー とは、レギュラーカラーよりも剣先が長い衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。

オプション(追加仕様)による名前

ボタンダウン とは?
ボタンダウン とは、身頃に縫い付けたボタンで衿を留めつけるオプションです。 詳細はページ内をご確認ください。
フラットボタンダウン とは?
フラットボタンダウン とは、衿元にロールをつけずに、身頃に縫い付けたボタンで衿を留めつけるオプションです。 詳細はページ内をご確認ください。
ヨーロピアンボタンダウン とは?(ロングポイントver.)
ヨーロピアンボタンダウン とは、剣先の長さが長いか短い、フラットボタンダウン仕様をほどこした衿です。 このページでは、ロングver.を紹介しています。 詳細はページ内をご確認ください。
ヨーロピアンボタンダウン とは?(ショートポイントver.)
ヨーロピアンボタンダウン とは、剣先の長さが長いか短い、フラットボタンダウン仕様をほどこした衿です。 このページでは、ショートver.を紹介しています。 詳細はページ内をご確認ください。
ハーフフライボタンダウン とは?
ハーフフライボタンダウン とは、ボタンダウンに使用したボタンが半分だけ隠れて見えるオプションです。 詳細はページ内をご確認ください。
ダブルポイント とは?
ダブルポイント とは、剣先を二重にすることで、ボタンダウンに使用したボタンがオモテから見えない様にするオプションです。 詳細はページ内をご確認ください。
スナップダウン とは?
スナップダウン とは、身頃と剣先に縫い付けたスナップボタン同士を留めつけて、衿を浮かせない様にするオプションです。 詳細はページ内をご確認ください。
フライボタンダウン とは?
フライボタンダウン とは、ボタンダウンに使用したボタンがオモテから見えない様にするオプションです。 詳細はページ内をご確認ください。
マイターカラー とは?
マイターカラー とは、絵画の額縁の留め継ぎの様に、生地をナナメにはぎ合わせるオプションを施した衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ミトラカラー とは?
ミトラカラー とは、司教冠についた2本の帯の様に、羽衿の前端を平行に切り離してはぎ合わせるオプションを施した衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
タブ カラー
「タブを付けた衿」です。
細いネクタイを強調するための、タブを付けた衿型です。
タブ同士の付け方の違いから、ボタンタブカラーとスナップタブカラーがあります。
ピンホール カラー
「ピンホールをあけた衿」です。
細いネクタイを強調するための、カラーピンを通す穴をあけた衿型です。
この他に、アイレットカラー、タブレスタブカラー、ピンカラーなどの呼び方もあります。
ピンド カラー
「ピンで留めた衿」です。
細いネクタイを強調するための、カラークリップを留めるための衿型です。
ダブルカラー とは?
ダブルカラー とは、羽衿が二重に見える衿です。 詳細はページ内をご確認ください。
フレームドカラー とは?
フレームドカラー とは、衿の外回りに額縁飾りのオプションを施した衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
パイプカラー とは?
パイプカラー とは、衿に縁飾りのオプションを施した衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
アーチド カラー
「弓なりに見える衿」です。
羽衿の前端がえぐられていて、ボタンで留めた時に弓なりに見える衿型です。
ラウンドチップカラー とは?
ラウンドチップカラー とは、剣先の最先端にのみ丸みをおびた衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ラウンドトップカラー とは?
ラウンドトップカラー とは、剣先の先端にのみ丸みをおびた衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ラウンドポイントカラー とは?
ラウンドポイントカラーとは、剣先の先の方にのみ丸みをおびた衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ラウンドカラー とは?
ラウンドカラーとは、剣先に丸みをおびた衿デザインの総称です。 詳細はページ内をご確認ください。
クラブカラー とは?
クラブカラー とは、イギリスのイートン校に所属するあかしの衿から名付けられた衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
タイニーラウンドカラー とは?
タイニーラウンドカラー とは、剣先がとても短く、剣先に丸みをおびている衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ダッチ カラー
「オランダ人の絵画によく登場した衿」です。
羽衿の幅が狭く、羽衿がロールカラーの様に首に沿った衿です。

その他の特徴による名前

ゲーブルカラー とは?
ゲーブルカラー とは、クラーク・ゲーブルが好んで着ていたことから名付けられた衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
バリモアカラー とは?
バリモアカラー とは、ジョン・バリモアが好んで着ていたことから名付けられた衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ライトアングルカラー とは?
ライトアングルカラーとは、剣先の形が直角に近い衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ホリゾンタルパターンカラー とは?
ホリゾンタルパターンカラー とは、羽衿の外回りが直線的で、柄の横縞が強調された衿デザインです。 なお、ホリゾンタル カラーとは別の衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ロー カラー
「衿腰の低い衿」です。
台衿が低く、それに伴い衿全体が低い衿型です。
ハイ カラ―
「衿腰の高い衿」です。
台衿が高く、それに伴い衿全体が高い衿型です。
ハイカラの語源です。
ドゥエ ボットーニ
「台衿のボタンが2個の衿」です。
台衿が高く、2個のボタンで留め付ける衿型です。
トレ ボットーニ
「台衿のボタンが3個の衿」です。
台衿がとれも高く、3個のボタンで留め付ける衿型です。

ワンピース カラー type

1枚で構成された衿のうち、立たせる目的が主でない衿です。
開襟などの開放的でカジュアルな印象のデザインが多く、日常着として用いられることが多いです。
この他に、一枚衿、オープンシャツカラーなどの呼び方もあります。

オープン カラー
「胸襟が開いた衿」です。
胸襟が開いていて、鎖骨が見えるような衿型です。
コンバーティブル カラー
「オープンカラーとシャツカラーをボタン留めで兼ねた衿」です。
オープンカラーの身頃上端がボタン留めできる仕様になっており、ボタンを留めるとシャツカラーに似た形に見える衿型です。
この他に、ワンナップカラーなどの呼び方もあります。
スポーツ カラー
「オープンカラーとシャツカラーをループ留めで兼ねた衿」です。
オープンカラーの身頃上端に付けたループでボタン留めできる仕様になっており、ボタンを留めるとシャツカラーに似た形に見える衿型です。
イタリアン カラー
「イタリア風の衿」です。
ゴンドラ乗りが好んで着ていたシャツから作られた形で、衿の刻みがない開襟の衿型です。
オブロング カラー
「長方形の衿」です。
縫製前のえりの形が長方形で、衿の刻みがない開襟の衿型です。
バルマカーン カラー
「バルマカーンコートによく使われる衿」です。
開襟にした時に、衿がラペルよりも大きい衿型です。
この他に、ステンカラー、スタンドフォールカラー、ターンオーバーカラーなどの呼び方もあります。
ポロ カラー
「ポロシャツの衿」です。
ポロシャツによく使われる折り返しのあるニットの衿型です。

スタンドアップ カラー type

1枚で構成された衿のうち、立たせる目的の衿です。
衿の主張が少なく、軽く着こなせることから、ビジネスシャツが苦手な人が好むことが多いです。
この他に、スタンドカラー、スタンディングカラーなどの呼び方もあります。

スタンドカラー とは?
スタンドカラー とは、台衿のみの衿デザインの総称です。 詳細はページ内をご確認ください。
チャイナカラー とは?
チャイナカラー とは、チャイナドレスに用いられる衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
オフィサーカラー とは?
オフィサーカラー とは、士官の制服によく用いられた 前で突き合わせた立ち衿です。 詳細はページ内をご確認ください。
ウィング カラー
「羽の様に折った衿」です。
前側の衿元を羽の様に折り返した立ち衿の型です。
この他に、モーニングカラーなどの呼び方もあります。
バンド カラー
「ベルトの付いた衿」です。
単に立ち衿を指す場合もありますが、立ち衿にベルトを付けた立ち衿の型です。
ファーマーズカラー とは?
ファーマーズカラー とは、農夫に好まれていた低い立ち衿です。 詳細はページ内をご確認ください。
スタンド オフ カラー
「離れて立った衿」です。
首に沿わさずに、離れた立ち衿の型です。
この他に、スタンドアウェイカラーなどの呼び方もあります。
ボウ カラー
「蝶結びのできる衿」です。
台衿の前端が長く伸びていて、蝶結びができる立ち衿の型です。
この他に、タイカラーなどの呼び方もあります。
ファンネル カラー
「じょうご状の衿」です。
基本的には、顔に近づくにつれてじょうごの様に広がっている立ち衿の型です。
この他に、チムニーカラーなどの呼び方もあります。
ドッグ イヤーズ カラー
「犬の垂れ耳の様な衿」です。
犬の垂れ耳の様に見える衿型全般を指し、代表的なものは身頃の前端より突出した立ち衿の型です。

その他

色にまつわる名前

クレリックカラー とは?
クレリックカラーとは、色や柄のついた身生地に対して、白い衿を合わせる配色オプションを施した衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
カラーセパレーテッド とは?
カラーセパレーテッド とは、身頃と衿の生地を分ける(変える)オプションを施した衿デザインです。 詳細はページ内をご確認ください。
ホワイト カラー
「白い衿」です。
知能労働に従事する人が白い衿のシャツを着ることが多いことから、「知能労働者」や「管理職」を指す言葉として使われています。
ブルー カラー
「青い衿」です。
肉体労働に従事する人が青い衿の制服を着ることが多いことから、「肉体労働者」や「現場作業員」を指す言葉として使われています。

その他

アシンメトリックカラー とは?
アシンメトリックカラー とは、左右非対称に見える衿です。 詳細はページ内をご確認ください。
シャツ カラー
「シャツの衿」です。
一般的なシャツに多い衿型を指すもので、ツーピースのレギュラーカラーを指します。
オープンシャツ カラー
「開襟シャツの衿」です。
一般的なシャツに多い衿型を指すもので、ツーピースの衿と分けるために使われる呼び方です。
ワンピースカラーのワンナップカラーを指すことが多いです。
スキッパー カラー
「船頭が好んで着る衿」で、「衿ボタンを留め付けない衿」を指します。
元々は、船頭が着ていたプルオーバータイプの編み上げシャツのことを指し、その形状に似せたカッティングを用い、衿ボタンを留め付けないだ着る衿型を指す様に転じました。
アタッチド カラー
「付け替えができる衿」です。
付け外しを前提とした構造の衿です。
この他に、替え衿、付け衿、チェンジングカラーなどの呼び方もあります。
スペア カラー
「予備の衿」です。
シャツを仕立てる時にあらかじめもう1セット衿の形に縫っておき、汚れたときに付け替えることができる様にしておく予備の衿です。

衿の写真を比較したページ

シャツの衿型見本の写真一覧
オーダーメイドシャツの「衿デザインの基礎になるシャツの衿型見本の写真」を公開しています。
シャツの衿型見本のスーツ着用時の写真一覧
オーダーメイドシャツの「シャツの衿型見本のスーツ着用時の写真」を公開しています。
タイトルとURLをコピーしました